よみがえる古代の港 石村智

日本古代の港は、潟湖地形、いわゆるラグーンに作られた。そして、その標識となるものとして、背後の山や時には古墳をその標識とした。 古代の湊を、地図と地名、古墳からその姿を再現する。 丹後半島の竹野、網野、府中、久美浜の古代湊 竹野明神山古墳=(同時期)=網野銚子山古墳=(規模形状類似)=奈良佐紀陵山古墳=(規格類似)=垂水五色山…
コメント:0

続きを読むread more

神戸・阪神間の古代史 坂江渉ほか

市街化によって埋もれてしまった、神戸、阪神間の古代史の記憶。特に古代の港の所在地が興味深い。 瀬戸内海を航行する船がヤマトへの上陸地点である、難波 住吉神社に至るまでに経由した港が、阪神間にはあった。 大阪湾は右回りの海流により、阪神間の海岸線には砂州(ラグーン)が発達し、古代の港には最適な土地であった。 播磨風土…
コメント:0

続きを読むread more