瀬戸内文化史 (宮本常一)

このたび神戸から下関まで、在来線を普通列車で旅行した折に、長い車中で読んでいた本である。瀬戸内の文化はまさしく海の文化である。 それは漁業、製塩、海賊、海運などに従事した人々の文化である。 本書は雑誌、新聞に掲載されたものの収録になっており、体系だっていなくて重複するような内容もあるが、瀬戸内海の文化の成り立ちを、考えさせてくれ…
コメント:0

続きを読むread more

武士の起源 平氏と源氏略系図 平家興亡

平安時代の上級貴族は政治をかえりみず、煩わしい政務は下級貴族に任せ、地方の運営も現地の有力者を代理人(目代)としていた。しかし、必要以上に徴税をするものがあったりしたので、代理人に対する自衛集団が武士団となった。 開発領主が力を蓄え武力集団を結成。 紛争や警備を担う職業集団。 国司や受領が独自の軍隊を結成。 地方へ下った…
コメント:0

続きを読むread more

無敗の男 (常井健一)

1993年に発覚したゼネコン絡みの政財癒着の汚職事件で実刑判決を受けた、元建設大臣、中村喜四郎本人へのルポによる記録本。 ときの政局や政界派閥の中で、その真相は何だったのかを考えさせられる。 中村は4か月以上にわたる検察の尋問に対し黙秘をとおし、 精神科医の兄は、限界状況における瞑想法を、心の中で1から100まで数え、半眼にせ…
コメント:0

続きを読むread more

武器としての「資本論」 (白井聡)

「資本論」を読んだことのないものに、「新自由主義(ネオリベラリズム)」の時代における「資本論」をわかりやすく解説してくれる。 日本における新自由主義 終身雇用、企業共同体が崩壊し、「選択と集中」の名のもとに「小さな政府」「民営化」「規制緩和」「競争原理」「アウトソーシング」により余剰価値の追求が行われてきた。「一億総中流」と呼ば…
コメント:0

続きを読むread more

太平記の時代(倉山満)

南北朝時代のことを本音?で書いてあるというか、教科書的な歴史書には出てこないことを書いてある。 南北朝時代というのは、教科書的には、鎌倉幕府が滅んで、後醍醐天皇が出てきて南朝と北朝が対立して、建武の新政があったと思えば、足利尊氏が室町幕府を開いてしまった。となるのだろうが、よくよく見てみると、日本史の中でもっともわかりにくく、何が正な…
コメント:0

続きを読むread more