武器としての「資本論」 (白井聡)

「資本論」を読んだことのないものに、「新自由主義(ネオリベラリズム)」の時代における「資本論」をわかりやすく解説してくれる。 日本における新自由主義 終身雇用、企業共同体が崩壊し、「選択と集中」の名のもとに「小さな政府」「民営化」「規制緩和」「競争原理」「アウトソーシング」により余剰価値の追求が行われてきた。「一億総中流」と呼ば…
コメント:0

続きを読むread more