夢野の鹿伝説と五色塚古墳


何か関連がありそうなのでメモしておく。
どうも、夢野の鹿伝説は、古代の抗争を物語として伝えたような気がする。


五色塚古墳

(科学的歴史的事実)
葺石の産地 淡路島北東岸の斑レイ岩
古墳時代中期 4世紀末~5世紀始


『日本書紀』によれば、新羅征討(三韓征伐)中に仲哀天皇が崩御し、神功皇后は筑紫で誉田別尊(ほむたわけのみこと、応神天皇)を出産する。それを聞いた麛坂皇子と忍熊皇子は、次の皇位が幼い皇子に決まることを恐れ、共謀して筑紫から凱旋する皇后軍を迎撃しようとした。

皇子らは仲哀天皇の御陵造営のためと偽って、播磨赤石(現在の兵庫県明石市)に陣地を構築し、倉見別(犬上君の祖)と五十狭茅宿禰(いさちのすくね、伊佐比宿禰とも)を将軍として東国兵を起こさせた。ところが菟餓野(とがの:現大阪市北区兎我野町または神戸市灘区の都賀川])で反乱の成否を占う狩を行った際に、麛坂皇子が猪に襲われて薨去したため、不吉な前兆に恐れをなした忍熊王は住吉に後退した。

一方、神功皇后は海路(瀬戸内海)の要所に天照大神・住吉大神を鎮祭し、紀伊に上陸した。皇子軍は更に退いて菟道(うじ:宇治)に陣立てし、武内宿禰と武振熊(和珥臣の祖)を将軍とする皇后軍に挑んだが、武内宿禰の策略によって弓・刀を失い、逃走した果てに逢坂(現・滋賀県大津市の逢坂)にて敗れた(『古事記』では戦闘場面で武内宿禰は登場せず、全て武振熊の功績とする)。逃げ場を失った皇子は、五十狭茅宿禰とともに瀬田(瀬田川)で身を投げ、その遺体は数日後に菟道河(うじがわ:宇治川)から発見されたという。

 麛坂皇子(かごさか 香坂とも記す)
 忍熊皇子(おしのくま)
 ともに仲哀天皇の皇子
 麛→ 鹿の子、広義に獣の子



夢野の鹿伝説

菟餓野の牡鹿が、自分の背に雪が降り積もり薄がはえる夢を見て、それを妻の牝鹿に話したところ、牝鹿はかねがね夫が淡路島の野島に住む妾のもとに通うのを妬んでいたので、この夢を「薄は矢が立つこと、雪は殺された後で白塩を塗られること」と占って、夫が妾のもとに行くことをとめた。夫は聞き入れないで淡路島へ出かけ、途中で射殺されたという。こののち菟餓野は夢野と改名された。「書紀‐仁徳三八年七月」の条や「摂津風土記」逸文に見える伝説で、のち和歌などにもよく詠まれている。


夢野氷室.jpg


夢野の御塚は麛坂皇子(香坂皇子)の墓とも?


氷室神社
日本書紀・仁徳天皇62年の項によると、天皇の異母兄・額田大仲彦(ぬかたおおなかひこ)は夢野で狩りの途中、野中に穴倉を見つけた。この地の豪族闘鶏稲置(つげのいなぎ)大山主に尋ねると、「地下に枯れ草を敷いて池の氷を夏まで貯蔵している」と答えた。そこでこの氷室の氷を天皇に献上したところたいそう喜ばれたという。氷室跡に仁徳天皇を祀って氷室神社が創建されたという。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント