「旧陸軍第11師団」の遺構を訪ねる(善通寺市)

このたび、空海の生地を目的に善通寺を訪ねたが、調べていると、旧陸軍第11師団の遺構がかなり残っていることがわかった。
そこでいくつかを見に行くことにした。

今も陸上自衛隊が駐屯していて、師団司令部があったところが「乃木館」という名で資料館として公開されている。

陸軍第11師団司令部

ここは事前に電話で申し込んでおけば、見学が可能である。
正門で守衛さんに申し出て、中に入るとカイズカイブキの並木の奥に司令部の建物が見える。

DSC_0405.jpg


外観はかなり傷んでいるが、ちゃんと陸軍の五芒星が掲げてあり、いかにも当時の面影を残している。


DSC_0406.jpg



入口で自衛官に案内され館内を見せていただく。
1階は自衛隊音楽隊の事務所として使われていて、2階が資料室となっている。

木造の階段と手すり

DSC_0420.jpg



すべて木造で、質素な造りである。これは、初代師団長であった乃木希典(のぎまれすけ)の意向による。

DSC_0421.jpg



師団長執務室と執務机 当時のもの

DSC_0408.jpg



師団長の執務椅子 右の小さな椅子が実際に乃木希典が座っていたものが残っている。

DSC_0410.jpg



乃木希典は装美を好まなかったが、これだけはとつけさせたという、菊の紋章が天井の四隅に残る。

DSC_0409.jpg


資料は、第11師団の歴史と日露戦争関係のものが展示されているが、正式な博物館でないから煩雑である。
しかし、資料としては面白いもの多い。


これは乃木師団長直筆の師団定宿の看板

DSC_0412.jpg



四国における大隊司令部は、松山でもなく高松でもなく、ここ善通寺なのである。

DSC_0413.jpg


思うに、善通寺は、空海という、古代から中世の橋渡しをし、国家をサポートしたものの生地であり、地形的に背後に山を控え、谷があり、平地がかなりあり、水にも困らない。やはり風水的にもいい場所でないかと思う。

そこに、初代師団長が乃木希典である。これもある意味、近代日本を救った男である。
善通寺はそんなところなのかと考えながら乃木館を後にする。


建物は残念ながら老朽化が激しい。ぜひ防衛費の一部を回して補修してほしいものである。

DSC_0423.jpg



カイズカイブキの並木のいわれが説明してある。

DSC_0425.jpg


中庭には現役を退いた兵器が展示されている。

DSC_0428.jpg


DSC_0427.jpg


DSC_0426.jpg



司令部跡の石碑

DSC_0430.jpg




陸軍第11師団兵器庫

旧司令部の目の前は、現役の自衛隊駐屯地がある。
その中に「第11師団兵器庫」の建物がそっくり残っていて、現役で使われている。

DSC_0431.jpg


DSC_0433.jpg


DSC_0434.jpg


2棟が道路際に直列に並び、敷地内の奥にも同じ規模のものが1棟あるようだ。

DSC_0435.jpg


残念ながら、基地内なので中には入れないが、外周からその美しさは十分に見ることができる。
特に道路際に2棟が直線的に見渡せるのは壮観である。
やはり、現役で使われているものはメンテナンスもされて美しい。



陸軍第11師団兵舎群

次は「旧陸軍第11師団兵舎群」である。
四国学園大学のキャンパス内に現役の校舎として、2棟が残されている。
大学構内なので、許可を得て入る。


第11師団騎兵隊兵舎
もとは、時計のあるところに陸軍の五芒星マークがあり、ギリシャ風列柱は後で改変されたものという。

DSC_0447.jpg


しかし、窓などは当時の面影を十分残している。

DSC_0450.jpg



玄関を入ったところ。
板張りの壁が当時を思わせる。

なぜか、正面に「受胎告知」の絵が飾ってあってもいいような雰囲気がする。

DSC_0449.jpg



いかにも実務的な廊下

DSC_0448.jpg




第11師団騎兵隊本部

キャンパスの広い芝生の向こうにポツンと残されている。
キャンパスではホワイトハウスと呼ばれている。

DSC_0453.jpg



近くで見ると改変されているところが目につくが、遠くから見ると当時を思わせる雰囲気がある。

DSC_0456.jpg



シンメトリーな外観が美しい。

DSC_0455.jpg



キャンパスという平和な空間で、これからも若い世代に戦争を語り継ぐ建物としてあってほしい。

DSC_0458.jpg



善通寺偕行社

最後は「善通寺偕行社」である。
偕行社は、陸軍将校の親睦団体でその社交場として使用された建物である。

現在は、善通寺市役所の構内にあり、カフェが併設された会館として現役である。

DSC_0461.jpg



広い社交場。ここでどのような会がもようされていたのだろう。

DSC_0464.jpg



DSC_0465.jpg


DSC_0467.jpg


DSC_0471.jpg



昭和天皇が皇太子時代に、大演習視察の際に宿泊した部屋

DSC_0472.jpg



基礎はレンガであるが、上部は木造漆喰モルタル構造である。

DSC_0463.jpg



内部構造がわかるように一部壁をくり抜いている。

DSC_0469.jpg





あと建物は残っていないが、師団の痕跡を示す石碑がいくつかある。


輜重隊跡

善通寺郵便局前にある石碑。

「輜重隊」とはあまり聞きなれない単語だが「しちょうたい」と読む。
輜重(しちょう)とは軍隊に関係する物品、軍需品のことで、ひいてはその輸送をする兵科のことである。
広義に言えば「兵站」、英語でいえば、Logistics にあたる。

戦争において、前線に物資を供給する重要な役目でありながら、日本帝国陸軍はあまり重要視していなかったようである。

DSC_0460.jpg



騎兵聯隊跡

市役所近くにある石碑。
「きへいれんたい」と読む。
現代表記では聯隊は連隊と書く。

DSC_0459.jpg



他にも遺構がかなりありそうだが、時間もあまりなく、善通寺を後にする。

乃木館を案内していただいた自衛官と別れ際に少し話したが、「戦争をしに行くための兵力でなく、日本を外敵から守り抜く兵力はやはり必要ではないか」と思った。

今回、空海の生地探訪を目的としていたが、意外にも乃木希典の生涯や第11師団の遺構に巡り合えたことはありがたかった。
これも空海の導きかと思ったりした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント