孤独をたのしむ力(午堂登紀雄)

孤独力とは

孤高としての強さを持つこと。
人との接点を自ら避けるとか、誰からも無視されて孤立することでなく、ひとり自分の信じる道を歩くこと。

孤独はみじめだと思い込む固定観念に原因があり、寂しい人間だと思われないように、自分とは似合わない人でも無理して付き合う、合わないグループに自分を抑えてでも所属するという行動を生み出してしまう。

社会の中で人とかかわりあいながら、つねに自分の意思を主軸において、自己責任で生きようとする姿勢のこと。

内省   孤独を恐れない
人間関係 本音を隠すのをやめる
価値観  他人からの評価を気にするのをやめる
行動   夢・目標がないをやめる
読書   自分と違う価値観の本を読み、自分の行動と比較する
家族   孤独力があれば結婚しても自由を失わない

ひとから認めてもらいたいと思ったら、まず自分から相手のことを認め、愛し、大事にする。

他人から自分の本意とは違う勝手な意味づけをされることほど、ストレスなことはない。
そんな雑音を排除するためにも、自分に起こっていることはすべて自分で意味を持たせるようにする。

人生年表を作る
これからの人生をどう過ごすかを理解する

状況を自分の枠組みでとらえなおし、自分に有意な意味づけが出来ることは、人生の「首尾一貫感覚」をもたらしてくれる。




孤独をたのしむ力 人生の「質」を上げる - 午堂登紀雄
孤独をたのしむ力 人生の「質」を上げる - 午堂登紀雄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント