国境のない生き方 (ヤマザキマリ)

この本を読むまでは、ヤマザキマリさんはテルマエ・ロマエでしか知らなかった。 ヤマザキさんの自叙伝的な読み物で大変読みやすいし、面白い。 彼女のベースにあるのは、少女時代からの膨大な読書と少女時代の北海道の自然だと思う。 それと14歳の時の欧州一人旅が彼女の人生を決定づけている。 なかなかすごい自由人だと思う。 暮し…
コメント:0

続きを読むread more

南方録 「イカニモ互イノ心ニカナウガヨシ、シカレトモカナイガタルハアシシ」

「かなうは良し、かないたがるは悪しし」 という言葉を調べていたら、この本にたどり着いた。 「南方録」は博多黒田藩士「立花実山」がまとめた茶の湯を説く書であり、 千利休が生前から行ってきた茶の事跡を解説するだけでなく、 実山が後に新しく集めた材料を加え「わび茶」とは何かをまとめ上げたもの。 「覚書」「会」「棚」「書院」「…
コメント:0

続きを読むread more

中村市トンボ自然公園 に来る

今から30年前の1992年、 仕事で加古大池というため池にある広大な芦原を、 ビオトープとして保全しようと計画していた。 中村市のトンボ自然公園は、 その参考にするため、 訪ねてみたかったところである。 残念ながら、当時は時間と金銭的な余裕がなく、 来れなかったが 加古大池の芦原保全は苦労して関係者を調整…
コメント:0

続きを読むread more

竜串海岸で、宇宙の遥かなる惑星を思う

ずっと昔、自転車旅行で竜串に来たことがるが、 ちょうど低気圧が近づいて海が荒れ結局見れなかった。 今回はそのリベンジ。 しかし、足摺岬を出発したのが16時だったので、日没までになんとかたどり着けばと車を走らせる。 竜串の入口は分かりにくく、通り過ぎて引き返す。 広い駐車場の周りに旅館と土産物屋が数軒あるが、さびれている…
コメント:0

続きを読むread more

ノジギクの咲き乱れる足摺岬

唐人駄場から足摺岬へ向かう。 40年ほど前に人ごみの中を椿トンネルを駆け足で通り抜けた記憶がある。 平日でもあり、コロナの影響でひっそりしている。 灯台の反対側の崖を見ると無数の花が咲いている。 よく見ると岩肌のしわをノジギクが埋めるように咲き乱れている。 12月になっても咲いている。 ノジギ…
コメント:0

続きを読むread more

唐人駄場遺跡・唐人石巨石群を探訪する

足摺岬の山中にあるという巨石群がずっと気になっていた。 今回の旅の第一目的は、ここ唐人駄場遺跡と唐人石巨石群を訪ねることであった。 中村から土佐清水を経由して車で1時間ほど、足摺スカイラインから枝道の山道を入っていく。 枝道を1kmほど下ったところに、唐人石の入口が現れる。 比較的新しい案内地図看板。 …
コメント:0

続きを読むread more

黒潮土佐への道のり

土佐日記ではないが、土佐への道のりは遠い。 神戸を5時半に出発。 岡山から7時8分発「南風1号」で高知を目指す。 3両編成で、指定席は1号車の前半分といった設えである。 瀬戸大橋の中ほどで夜が明ける。 高知で9時53分発「あしずり1号」に乗り換える。 須崎とか、土佐…
コメント:0

続きを読むread more

働く君に伝えたい「お金」の教養(出口治明)

今を生きる若い人たちへの、人生におけるお金についてのいい参考書だと思う。 「楽しく使う」と「何も考えずに使う」は違う。 バブル期は資金力にモノを言わせてほしいと思ったものは片っ端から買うことをしていた。 これは「何も考えずに使う」 バブルおじさんは昔はよかったのフレーズで、今の日本を牛耳っていて、 古き良き昭和…
コメント:0

続きを読むread more