大根島溶岩トンネル

せっかくなので大根島を経由して松江方面へ行くことにする。
大根島に入ると、土が黒っぽい。さすが火山島だと感心する。
何気なく、わき道に入ったところトーチカのような怪しいものがある。
止まってみるとなんとラッキー「溶岩トンネル」とある。
しかし、入れ口は案の定、施錠されている。

画像


ここであきらめないのがベレー帽根性である。
よく見ると「案内希望の方は申し出てください」と看板がある。
さっそく携帯で電話する。
すると愛想良く、自然観察指導員Kさんが「5分ほどで行きます」とのこと
待つことしばし、懐中電灯と長靴を準備したKさんが現れる。

Kさんにこのトンネルの成因や中に住む生物の説明を受け中に入る。
説明によると、この洞窟には固有生物が生息しており、勝手に入ると困るとの事。
ちなみに、その生物の1つはKさんの発見である。
数種の生物が生息しているがすべて色素がなく
目が退化している、洞窟生物特有の性状である。
ちなみに独立栄養生物の放線菌が天井に生息していて、
彼らはこれを栄養源に生活している。

溶岩トンネルは、粘度の低い溶岩が流れたとき外周部が先に固まり
内部のまだ熱い溶岩が中抜けして、トンネル状になったものである。
もともと、入れ口はなく、落盤により、たまたま現在の入れ口ができた。
大根島にはもうひとつ溶岩トンネルがあるが、
これは溶岩流の末端がの内部が、ガス抜けして空洞ができたもので
ちょっと成因が違うとのことである。

画像


これが、トンネル天井部の様子である。
まだ熱い溶岩が滴るような感じの表面である。
壁面には溶岩が幾度か流れた痕跡や溶岩の噴出口もある。

近くの大山と大根島の成因はまったく違うようである。

Kさんの説明がなければ、何もわからずに通り過ぎているだろう。
感謝しつつ、別れを告げる。

 Kさんに紹介されたサイト
 火山洞窟学会
http://vulcanocave.poc.jp/

"大根島溶岩トンネル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント