菅谷たたら山内 を訪ねる

いよいよ今回の重要テーマである「たたら」を訪ねる。
「菅谷たたら」は、雲南市吉田(旧吉田町)にあり、
「高殿」と呼ばれる、「定置たたらのシステム」が
国内で唯一、すべて残っている場所である。

国道からのアクセスのルートは2つあり、吉田町内から陣ケ峠を越えるルートと
別の峠を越え、菅谷川の最上流から入るルートがある。
車なら前者が便利であるが、あえて後者を選ぶ。
たたらを支えた山も見ておきたかったからである。

山並みは意外になだらかで、かなり奥地まで水田がある。
ある文献で読んだことがあるが、砂鉄を求めて「かんな流し」を繰り返し、
山の形が変わったり、河川には土砂の堆砂が激しく
地形が変わったこともあるという。
もう年月がたって、そのような面影は残念ながら見当たらなかった。

車1台がやっとの道を30分ほど走ると、谷が開けた地形に出る。
ここが、「菅谷たたら山内」である。
「山内」とは、たたらに従事する人々が
住んでいた地域のことを「山内」と言う。

画像


中央の圧倒的な存在感であるのが、「高殿」と呼ばれる「たたら」作業場である。
大きな木はカツラで、鉄の神である「金屋子神」が降臨する木である。
その左の建物は「大ドウ(金偏に胴)場」と呼ばれる、製品の「鉧」を小割にする小屋である。




「高殿」の近景だ。優に500m2はあると思う。
築造は1751年とある。保存状態は極めてよい。
大正10年まで操業が行われていた。
天井は製鉄の炎に備えて10mほどの高さである。
操業中は屋根は板ぶきで取り外すことができ、煙突状にすることができた。
天井の梁は、耐熱のために粘土で覆ってある。

画像




画像


内部はかなり暗い。製鉄時に炎の様子を見るためである。
中央に粘土で作り上げた炉があり、
それに酸素を供給する「ふいご」が両脇にしつらえてある。

「ふいご」は「番子」という人が踏んでいた。
ふいごの送風が止まると、製鉄が台無しになるので
この労働は大変であった。
「一所懸命」というのは、ふいごを同じ場所で踏む様から来ているという。
また、さすがに疲れるので「番子」は交代制で行うが、
これが「代り番子」の語源だという。

近代では水車を動力にして、
外部から送風管で空気を搬送するシステムになった。
現在残っているのは、これである。

写真奥の明るいところは、「たたら」を取り仕切る「村下」の休憩席で
その際に、炭を供給する「炭坂」「炭焚」の席もある。


画像


注連縄の奥は、砂鉄をストックする場所「小鉄町」である。
その両脇には、燃料の炭をストックする場所「炭町」がある。
砂鉄の追加供給は「村下」が火の色を見ながら行った。

「たたら」は過酷な労働で、三日三晩、不眠不休で行われた。
三日三晩が人間の体力の限界であろう。
すべての指揮は「村下」が行い、たたらに入る前には、たたらの神である
「金屋子神」に参り、「みそぎ」をして、特に「村下」は特別の進入路から
高殿へ入った。

画像


高殿の脇にある小さな坂道が「村下」だけが通る進入路である。
良質の和鋼を生産するには、いっときの気も抜けない。
ある意味では、神がかり的な精神力が必要だったのかもしれない。
このようにして生産された玉鋼を使い、鍛えられた日本刀には
やはり、何か精神的なものが宿ってしかるべき感じがする。



さて、三日三晩で生産された鉧は、たたらから引き出され
高殿の前にある、「鉄池」で急冷される。
この方法は、「水鋼」と呼ばれ、出雲たたらに多い。
鉧の巨魁を引く「ろくろ」も再現され、池の底には、
今でも「金くそ」が転がっていた。

画像



冷却された鉧は、「大ドウ(金偏に胴)場」に運ばれ荒割される。
水車の動力で持ち上げられた、ハンマーを落下させ割るのである。
水車の動力がない時代はどうしていたのであろうか。

画像



「大ドウ場」で荒割された鉧は、さらに小割して製品として出荷するため
「元小屋」と呼ばれる作業小屋に搬送される。


画像


これが、「元小屋」の全景である。
天保年間(1830ごろ)の築造といわれる。
2階建て杮葺の、端正なつくりで、よく保存されている。

ここは、作業場のほかに、このたたらを経営管理する帳場もあったようだ。
「村下」はあくまで、技術者であり、この地域のたたらを総合管理する
「田部家」から派遣された「番頭」が帳場を仕切っていたようだ。
他に、台所、風呂場、座敷もあり、
窓には明治初頭の「波うちガラス」が残り、
このような山中にありながら、当時の裕福度が偲ばれる。


画像


荒割された鉧は、ハンマーによってこぶし大の
ブロックにされ、木箱や袋に詰めて、出荷する。
当時の工具がそのまま保存されていた。
宮崎駿のアニメ「もののけ姫」では、たたらが舞台になっていたが
その中に、このような「元小屋」の場面があり
作業する人気はないが、まったくそのままの世界である。

製品の和鋼は、馬に振り分け荷にされ、川舟のあるところまで
運び、松江から「鐵泉丸」という専用船で全国へ運ばれたという。
江戸時代、このような山中の集落が
日本全国とつながりを持っていたことは、大きな驚きである。


「菅谷たたら山内」に滞在すること2時間弱。
ここを管理する方のご好意で、熱心に詳しい説明をしていただいた。
このサイトを借りて、感謝したいと思う。
もっとゆっくり、ここに残された「たたら」の記憶に触れたいのだが
帰りの時間の制約で後ろ髪を引かれる思いで、
「菅谷たたら山内」の集落に別れを告げた。

画像













美鋼変幻―「たたら製鉄」と日本人
日刊工業新聞社
黒滝 哲哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 美鋼変幻―「たたら製鉄」と日本人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



たたら製鉄業史の研究
溪水社
野原 建一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by たたら製鉄業史の研究 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"菅谷たたら山内 を訪ねる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント