「びわ」の街路樹

「びわ」の季節になった。
上品な味で、好物のひとつだが、
お高くてそう易々と口にはできない。
しかし、街中を見回すとけっこう「びわ」の木が生えている。
今日見つけたのは、「びわ」の街路樹。

画像


おそらく、だれかが食べたびわの種を捨てたのが
芽生えて育ったのだと思う。
以前見つけた、柿の街路樹と同じ生い立ちのびわであろう。
この手の生い立ちのびわの木は、旧市街の庭先でも時々見かける。
びわの生育に、神戸の温暖な気候が、適しているのだろう。

1本だけでなく、次の街路樹スペースにももう1本生えている。
写真の奥手の木がそうである。
このように2本並ぶとりっぱな街路樹だ。

たわわに実をつけて、ひとついただきたいところだが
軽犯罪で捕まると面倒なのであきらめる。
「どうせ種が大きいびわだ」と
イソップの「きつねと葡萄」みたいな負け惜しみを言ったりする。

「街路樹の果実は誰のものか?」法律クイズになりそうだ。
たとえば、銀杏並木の銀杏は落ちているから、拾っても良いが
リンゴ並木のリンゴは取ってはいけないとか。

誰か答を教えてください。




"「びわ」の街路樹" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント