橋杭岩 (beret-expedition2008 §6)

串本の橋杭岩は
もっとチャチなものかと思ったいたが
意外にスケールが大きく感心する。

画像


そばに、ベレー帽的説明看板があり、

「新生代第三期 熊野層群敷屋累層の泥岩に貫入した石英斑岩が
周りの泥岩が波による侵食作用でなくなったため
硬い石英斑岩の直立した岩脈が残され橋杭岩となった」

とある。ふむふむ
新生代だから、恐竜がいた中生代より新しい。


同行のberet-estは、地学ベレーであったため
熱心に橋杭岩の直線状態を見通そうとしたが、
残念ながら満ち潮で果たせなかった。

何千万年という地球的時間の
自然のなす業を見れて
不思議な気分だ。



"橋杭岩 (beret-expedition2008 §6)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント