海鼠腸(このわた)を作ってみる

垂水の魚屋でナマコが安かったので手に入れ、
海鼠腸(このわた)をつくってみる。

「このわた」は、からすみ、ウニと並ぶ日本3大珍味の1つといわれている
ナマコの腸の塩辛である。

今回のナマコは結構大きい。
新鮮でまだ動いている。
比較にボールペンを並べている。
いつも思うが、こんなものをはじめて食べた人は豪いと思う。


画像


以前もつくったことがあるが、
いかんせん、1匹から取れるなまこの腸の量が知れているので
お猪口いっぱいも作れないのが現実だ。

腸を出すのは、別に何もしなくとも、
なぜか分からないが、ナマコが自然に腸を排出する。
店先では、すでに腸が外に出ているものが多い。


このように2時間後見てみると、ナマコの体外に腸が出ている。
画像



あとは腸の内部にある砂をきれいに洗い出して
水を切り適当に塩をして、再び水を切る。
素人だから、塩加減も適当だ。
いわゆる塩辛というものだ。
一昼夜も置けば、出来上がっている。

画像




味はというと海の香いっぱいの
ホヤに似た味だ。










"海鼠腸(このわた)を作ってみる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント