用明天皇河内陵 (beret-expedition2009§3)

太子町の観光地図を見ると敏達(30)、用明(31)、推古(33)、孝徳(36)天皇、
小野妹子の陵や墓がある。
これらすべて、6C後半、聖徳太子を前後とする人物。
そのひとつ用明天皇陵を見る。

画像



用明天皇とは 31代(585-587)
穴穂部間人(はしひと)を皇后とし聖徳太子をもうける。
つまり聖徳太子の父親ですね。

陵は、まったく一般住宅地の中にある。


看板の旧字体が印象的な
「宮内庁書陵部古市陵墓管区磯長原事務所」

画像







"用明天皇河内陵 (beret-expedition2009§3)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント