中央構造線長篠露頭

画像


三波川変成帯結晶片岩(外帯)の上に両家変成帯花崗岩(内帯)が乗っている。

四国の吉野川沿いに行くと、右岸左岸で様子が違うのが見れるが
ここのように、外帯と内帯の地層が接触点として見れるのは珍しい。
周辺の岩石は、すごい圧力を受けてボロボロである。


(アクセス)
場所 長篠字古渡15
長篠川の断崖にあって分かりにくい。
徒歩でないと無理
馬場信房の墓に近い


"中央構造線長篠露頭" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント