「魯山人味道」を読む (数の子のこと)

年末に書棚整理をしていて
「魯山人味道」を見つけた。
「美味しんぼ」というマンガが流行ったころ
買った本である。
その冒頭に「数の子」のことが記されていた。

おせちには「数の子」がつきものだが、
魯山人、曰く
数の子は乾物を戻して、適当に手でほぐし、
上等の鰹節の削ったのを多めにかけ、
醤油をさっと掛け、食すのが正統であると。

数の子は食感で食べるもので、
味で食べるものでないというのが、
魯山人の意見である。

確かに数の子そのものは味を楽しむものでもない。
あのこりこり感がいいのだ。

食べながらなるほどと思いながら酒を呑む正月
こたつで「魯山人味道」と「魯山人陶説」をぱらぱらめくる。






魯山人味道 (中公文庫)
中央公論社
北大路 魯山人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魯山人味道 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



魯山人陶説 (中公文庫)
中央公論社
北大路 魯山人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魯山人陶説 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



美味しんぼ (1) (ビッグコミックス)
小学館
雁屋 哲

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 美味しんぼ (1) (ビッグコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"「魯山人味道」を読む (数の子のこと)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント