神戸 トルコライス を食う

1年ほど前に、普請していて
新しい「トルコライス」なる看板があがったのは知っていた。
トルコ料理の店だとしたら、
そのうち行きたいと思っていた。

今日やっと、このトルコライスなるものを食べることができた。
メニューは「カツトルコ」と「エビトルコ」の2種類のみである。

カツトルコをたのむ。
聞くとカツはとんかつだそうだ。

えっ!トルコなのに豚!

この時点で、トルコ料理という線は遠のいてしまった。
だったら、どんな料理なんだ!

画像



出たきたのはごらんのような、不思議な盛り合わせである。

詳細は
カレーピラフとスパゲッティの上にとんかつを乗せ、デミグラスソースをかけて
キャベツの千切りとゆで卵、塩をしたきゅうり、タルタルソースが添えてある。
加古川のカツメシをちょっとハイカラにした感じである。

これをフォークとスプーンで食べる。
ナイフはない。

いわゆる洋食である。
味は結構いける。


帰り際に、お店の人に、いわれを聞くと、
「僕もよう分からんのですが、
いわゆるB級グルメですわ。
長崎が発祥ともいわれてますけど」

うーむ そうですか。
ごちそうさまでした。
また来ます。





"神戸 トルコライス を食う" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント