倭文神社 鮭の宮 (生野町円山)

生野峠の登り口の集落に小さな杜があり、
おそらく神社か墳墓ではないかと
いつも気になりながら車で通り過ぎていたが、
今回確かめることができた。


旧道に面して、円山川を渡ったところに鎮座している。
なんと倭文神社とある。
画像



このようなところに倭文神社があるとは。
倭文というのは、いわゆる古代、機織り技術を持った集団に関する名前である。
大陸渡来の秦氏の系統である。

縁起によると但馬にある式内社131社のうちの1社であるという。
祭神は天羽槌命とある。
古くから鎮座していることは間違いない。
画像


特に付近には
古代、この地になにがしかの技術集団の集落があったことを
思わせるようなものは全くない。

しかし、
円山川の最上流にある「円山」という地名、
播磨へ抜ける峠の登り口にある、
といったことを考えると重要な場所であったのかもしれない。

別名「鮭の宮」の由来となった
鮭が登ってきたという川も、今はその面影もない。
画像







"倭文神社 鮭の宮 (生野町円山)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント