養父神社 の狼の狛犬

養父神社はJR山陰線に面して鳥居が見えて、
木々の雰囲気もよく端正な神社である。

祭神は 倉稲魂命(うかのみたまのみこと)、
大己貴命、少彦名命、谿羽道主命とかであるが
もともとはここいらの地神を祭っていたのが、
後世にオオクニヌシとかスクナヒコがくっついたのだろう。

土地柄、農業や作物の安泰を祈願したものには間違いない。
画像


お走り祭りでは、ここから10kmは離れる山間部の「斎神社」との輿の練り合わせがあるが、
これはこの地と彼の山間部の人の交流(婚姻)があったと解釈できないか。


珍しいのは通常の狛犬とは別に狼の狛犬がある。
縁起によると、狼は作物を荒らす獣(イノシシ、シカ)を駆逐するとして益であると言う。

狼の狛犬ははじめて見る。
この狛犬の築造は不明であるが、少なくとも明治あたりまで遡るのではないか。
ニホンオオカミが、ごく最近(明治初期ごろ?)までこの地でも存在したことを示すものとして貴重である。
狛犬として鎮座するのは、大神 と言われる所以でもある。

画像


和気神社では猪の狛犬も見たが、明らかに猪は作物の悪獣で狼に敵対する。


奉納相撲の土俵の周りに、石段の観客席(スタンド)が現存し、珍しい。
奉納相撲が娯楽であった時代のことが偲ばれる。
画像

"養父神社 の狼の狛犬" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント