雁行の正体 川鵜(カワウ)

画像


寓居のすぐ前には、円山川の大きな堰があるが、
このごろ朝、窓から見渡すと、黒い鳥影が岸辺にあるのが気になっていた。

双眼鏡で観察してみると、かなり長時間潜水して
しきりに魚をとっているようだ。

ときおり岸辺で羽を広げ乾かしている。

調べてみると、どうも「カワウ」らしい。
あの長良川の鵜飼のあれである。

今時分、川の水が少なくなって、
堰のあるところに魚が集まるのを狙っているのだ。


琵琶湖あたりでは、繁殖しすぎてアユなどが食われて大変なようだ。

先日、雁行を見たのは、どうもこのカワウの移動であったようだ。
そういえば、先日、大屋川の上流でも数匹見かけた。

先日は三好達治の詩を思い出したのに、
少し、風情が無くなり残念である。



画像







OLYMPUS 双眼鏡 10X21 DPC I
オリンパス
2002-04-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by OLYMPUS 双眼鏡 10X21 DPC I の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"雁行の正体 川鵜(カワウ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント