あの会社はこうして潰れた(帝国データバンク情報部)

会社がつぶれる原因は何なのか。信用調査会社の作者だけあって、よくわかる。
我々、消費者も会社がつぶれて被害をこうむることもある。(「てるみクラブ」や「はれのひ」)
それには、つぶれる前兆のようなものもあり、やはり通常より安いとか他よりはでに広告を打っているとかは、何か無理をしているということだ。



時代の変化についていけない。
低い利益率で無理をして、円安などのイベントに耐えられなくなる。


順調な会社であっても、本業以外のことに手を出してつぶれる。
やっぱり、身の丈操業が固いということ。


これはもってのほか
取締役会のガバナンスの欠如や社長の会社の私物化。
資金のやりくりの末、怪しい詐欺まがいのことをして、つぶれる。

また、経営陣に知らないうちに変な人が入ってきて、つぶれるケースもある。


倒産の例

寿司チェーン店
原料調達 海外への材料依存
為替デリバティブの失敗

ステーキ スエヒロ
狂牛病の風評被害による経営者の後処理のまずさ

饅頭 千鳥屋
東京DLへの納品一辺倒
大手とのコスト競争に敗れる

駿河屋
投資コンサル朝倉HDとみずほ証券による第三者増資 架空増資
朝倉HDの高井俊成はゆうちょ副社長 なんか胡散臭い






あの会社はこうして潰れた 日経プレミアシリーズ
日本経済新聞出版社
帝国データバンク情報部藤森徹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


"あの会社はこうして潰れた(帝国データバンク情報部)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント