「相続放棄」がわかる本(椎葉基史)

負債も相続対象である。


負債を引き継がない「相続放棄」。
相続の開始を知った日から3ヵ月に手続きが必要。
「自己のために相続の開始があったことを知った日から3ヵ月以内」(民法915-1)
熟慮期間は3ヵ月であるが、やむを得ない場合と認められれば延長も可能。


すべてを引き継ぐ「単純承認」とすべてを放棄する「相続放棄」。
意思表示をしなければ自動的に「単純承認」となる。
単純承認と相続放棄の中間として、債務超過の分のみを放棄する「限定承認」があるが、かなり手続きがめんどう。
「遺産分割協議書」で相続放棄したとしても裁判所に届けないと相続放棄にならない。


売れない不動産(空家)を相続すると、その後の管理費が負債となることもある。


死亡保険金は相続財産ではない。相続人のものでなく受取人のものであるので相続放棄とは別物。
生命保険で受取人に残すのも一方法


軽率な行為は相続の選択肢を限定するので、被相続人の財産は決して手をつけない。(たとえば、なくなった人の車の名義を変えたり廃車にしたりする)




「相続放棄」が分かる本: 身内が亡くなってからでは遅い - 基史, 椎葉
「相続放棄」が分かる本: 身内が亡くなってからでは遅い - 基史, 椎葉

"「相続放棄」がわかる本(椎葉基史)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント