テーマ:北海道

兜沼郷土資料室を訪れる(礼文島紀行§3)

35年ほど前に兜沼へ来たことがある。 再び訪れると、湖畔に美しいキャンプ場ができていて、のんびりするにはうってつけのところだ。 駅近くの街中を歩くと「兜沼郷土資料室」というのがあったので入ってみた。 ここはもともと、兜沼郵便局であった建物を資料館にしている。 展示物は、いわゆる民俗資料で、大正から昭和にかけての生活用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本最北端の温泉に入る (礼文島紀行§2)

1日目の宿は稚内温泉。 向かいに利尻富士が見えるので、稚内富士見温泉とも呼ばれていて、 日本最北端の温泉というのが売りである。 民宿のすぐそばに稚内市営の日帰り入浴施設「童夢」というのがあり、入りに行く。 とても立派な施設で、湯船が5つほどあり露天風呂もある。 露天風呂からは利尻富士が見えるらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボンバルディアDHC8-Q400に乗って (礼文島紀行§1)

サロベツ・礼文島に花を見に行く。 伊丹から千歳経由で稚内に飛び、サロベツをまわった後、礼文島へ渡る。 おりしも、南からの湿った大気が流入し、北海道は大荒れである。 千歳には着いたが、乗継便が稚内まで無事着いてくれるといいのだが。 なんとか、搭乗開始。 機材はボンバルディア プロペラ機は、いかにも飛行機に乗って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人宅専用のバス停 網走バス(2015道東自転車紀行 §3)

自転車で走っていると地名を確認するのにバス停の標識をよく見る。 これは小清水から斜里へ向かう国道にあったバス停である。 明らかに、寺口という個人宅のバス停である。 これからしばらく行くと、中村宅前というのもあった。 一日、4便 土日は2便である。 寺口宅前からは、通学の子供が乗るのだろうか。 この近辺には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の大地 (知床紀行§1)

知床へ行く。 関西空港を昼過ぎに発ち、まもなく女満別空港。 北海道らしい景観が眼下に広がる。 夕暮も近く、防風林の影が長く見える。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more