テーマ:アニメ

「この世界の片隅に」を見る 片渕須直・こうの史代

この世界の片隅にを見に行った。舞台は昭和19年の呉。戦時中の一般国民の生活が、主人公すずを通して語られる。ごく普通に日々の主婦としての仕事をし、困難に遭遇しても前向きに生きている、健気な「すず」の姿に思わず涙腺が緩んでしまうことがしばしば。 戦争という、非日常下にありながら、家族とか食事とか、ごく普通の日常を守りながら生きていく姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「思い出のマーニー」の不思議な繋がり

先日行った、日光のイタリア大使館別荘記念公園の寄書き帳に、 上手にマーニーのイラストが描いてあったのを思い出し、 以前、テレビ放映を録画しておいたのを見る。 ジブリの作品らしく風景がきれい。 湖に面した別荘というのが、中禅寺湖に面して立つ イタリア大使館別荘のイメージに重なるところがあり 寄書き帳のイラスト作者もそれを意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜中町とモンキーパンチ(2015道東自転車紀行 §8)

釧路から輪行して、浜中から走り始める。 浜中町はモンキーパンチのふるさとということで売り出しているようで、 あちこちにルパン3世のイラストがある。 ラッピング車両も走っているようなのだが、我々は残念ながら巡り合わなかった。 モンキーパンチの経歴は今回初めて知ったのだが、 19歳までこの街で過ごしている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海街dialy(吉田秋生) しらすトースト

職場でコミックに詳しい人が「これいいです」と貸してくれた。 鎌倉が舞台になっていて、 そこに住む3姉妹と新しく同居する腹違いの妹の 日常風景を描く5巻シリーズ。 はじめの1、2巻はもう一つだなあと思っていたが、 3巻目くらいから内容がよくなってくる。 日常を積み重ね人は年取って亡くなっていく。 そのなかで、食べ、人と会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛍火の森へ (大森貴弘 監督 緑川ゆき 原作)を見る

ありきたりだが心温まるストーリーを 丁寧な美しい映像で綴る。 私の中にもある幸せだった遠い日々を思い出す。 このごろこういう心安らぐアニメには、なかなか巡り会わない。 蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]アニプレックス 2012-02-22 Amazonアソシエイト by 蛍火の杜へ (花とゆめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイボーグ003のフィギュアがやってきた

先日、高校時代の同窓会があって、 ひょんなことから003のフィギュアがうちに来ることになった。 たまたま、同窓会に来ていたT君が、 携帯に003のストラップを付けていて 思わず「いいねー」と言ったら、先日、4体も贈っていただいた。 フィギュアを手にするのは今回初めてだが、 玩具と言いながら、なかなかよくできて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Furryとは L.E.F. (Loud Electronic Furry)

日本ではまだ、この類のカルチャーはないですね。 ゲームキャラやアニメのコスプレに通じるところがあると思うのですが。 これはSEGAのゲームキャラクターですけど、 これはFurryです。 残念ながらグラフィックの世界ですが。 日本では、まだ、ねこ耳 程度ですか。 かつて、「綿の国星」大島弓子なんて、素晴らし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星を追う子ども(新海誠)を見る 鉱石ラジオのこと

生と死、喪失感、現世界での自分の居場所、 多くのものが盛り込まれていて、 いままでの新海誠の作品より ずっとスケールの大きな作品となっている。 今までの作品が、 喪失感を表に出したものが多かっただけに 大きな転換だ。 精緻な日常風景の描写、鉄道、空、 扱う風景は、新海誠らしさを残しながら、 新たな異次元世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秒速5センチメートル(新海誠)を見る

正月コタツ映画として見る。 現実すぎてちょっと物足りないかな。 前作「雲の向こう、約束の場所」や 「ほしのこえ」のほうがファンタジックでいい。 しかし、 執拗な電車や空の描写は新海誠らしい。 鉄道オタクなんだろうか。 まあ、好きでもうまくいかないことがある。 しかし、主人公の遠野の落ち込み方は激しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼宮ハルヒの憂鬱 に見る「阪神間のアンニュイ」

このところ「涼宮ハルヒの憂鬱」に嵌っている。 なんといったらいいのか、 端々に「阪神間のアンニュイ」な雰囲気があって 休みの日ごとにDVDをレンタルする始末である。 もともと地方局配信の深夜アニメだったそうで、 まあ、萌え系のキャラが出てくるというのもあるが、 知る人ぞ知るアニメだそうだ。 私的に言う 「阪神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りんたろう PLUS MADHOUSE 04 を手に取る

メトロポリスを見ていなかったら、 この本にめぐり合っていなかっただろう。 あの挿入歌、 レイ・チャールズのI can't stop Loving youは、 この人が仕組んだのだ。 りんたろう本人が、このシーンについて語っている。 なぜか分からないが、私もまったくそのとおり。 そして、幼いころ見た …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘタリア Axis powers (日丸屋秀和)

うわさは聞いていたが、 どんなものかDVDをレンタルして見てみる。 歴史的な各国のかかわりをストーリーにして、 国を擬人化しているのだが、なかなか面白い。 世界史や海外旅行が好きな人は笑えるだろう。 1話が5分程度というのが残念ではあるが、 ネタ的には5分が限度かもしれない。 もともとはウエブ上の作品であるらし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

海がきこえる (望月智充 スタジオジブリ)

キャストを間違わずに選べば、 実写の映画のほうが、ずっといいものができると思う。 たとえば大林宣彦の映画のような。 実写フイルムをアニメのセルに変えただけなら アニメにする意味が分からない。 表現方法としてのアニメは もっとアニメでしか出来ないことで使うべきだ。 スタジオジブリとしては残念なアニメだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メーテルは、なぜいつも黒い服を着ているのか

メーテルは銀河鉄道999に登場する謎の美人だが、 いつも黒い服にケープをまとい、ファーの帽子をかぶっている。 これは、「魔法使いサリー」が いつも同じ服という設定とはまた違って 曰くありげだと思っていたのだが、 今回、その疑問が解決した。 その名も「メーテルレジェンド」というアニメを見て分かったのだが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベクシル 2077日本鎖国 を見る

フル3Dアニメとは知らないで、DVDレンタルした。 戦闘ゲームの画面を見ているようで、 はじめは違和感があったが、 ストーリーの面白さにいつの間にか引き込まれる。 工業化と資本独占の進んだ近未来の日本。 国の利権を守るために鎖国をして10年。 その挙句、日本はどうなったか。 そこから、物語は始まる 太平洋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メトロポリス(手塚治虫・大友克洋・りんたろう)を見る

手塚治虫のマンガの劇場アニメ化作品 大友克洋、りんたろうによって原作を損ねることなく 3人それぞれの持ち味を出しながら、 すばらしいエンターティメント作品に仕上がっている。 メトロポリス [Blu-ray]バンダイビジュアル 2008-07-25 Amazonアソシエイト 挿入歌にジャズが多用されているが、 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「銀色の髪のアギト」を見る

ストーリーや着想、風景デザインは ナウシカ、ラピュタ、もののけ姫の本歌取り といったアニメだ。 ということで、ストーリーそのものは大して目新しくなく、 劇場映画としてはあまり成功しなかったらしい。 製作会社はGONZOという会社らしいがあまり知らないなあ。 しかし、映像技術はすばらしい。 色彩もさること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほしのこえ(新海誠) The voices of a distant star

これは大人になる前のずいぶん昔の私だ。 中学から高校の時分の私そのものを思い出す。 美しい空の描写。 繰り返し出てくる電柱と電線。 遮断機と通り過ぎる貨物列車。 リアルな携帯の画面や日常の事物の描写。 すべてが新海誠らしい詩的な映像だ。 私なりの物語の解釈だが 15歳で亡くなった長峰美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「借りぐらしのアリエッティ」を見る

少ない選択肢の中から、見に行く。 館内は映画レディスデーなので、女性が大半。 物語はあまり盛り上がりもなく、 いつの間にか終わったというのが感想。 しいて言えば、小人の目から見た、 人間世界のスケール描写がよくできている。 さらにこじつけて主題を言えば 人間が、地球上の多くの種を無意識のうちに滅ぼしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サマーウォーズ」を見る

殺人的暑さ。 こんな日は家中でDVDを見るに限るということで 時節柄、これを見る。 ネット社会と現実社会が並行して 物語展開して結構面白い。 暑い夏の風景を臨場感あふれて描き、 アバターの大群を丁寧に描いていて感心する。 無味乾燥なネット社会を扱いながら、家族の大切さを扱い、 なかなかじんとさせる場面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL を見る

アニメだが、自我とは何かを考えさせられ、とても哲学的で見ごたえがある。 グローバルネットワークと人間の脳が繋がった社会では、 自我はネットワークの内部にも存在するのかもしれない。 生命体の生殖はDNAの情報の交換であり、 極端に言うと、 我々の日常はそのイベントのはざまの空蝉のようなものである。 人は生れたときか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スチームボーイ(大友克洋)を見る (2004)

大友克洋らしい緻密な作画、 レトロモダンな機械の執拗な描写、 原色を抑えた画面の色設計も好感が持てる。 モノクロ映画「メトロポリス」を連想する。 科学技術の進展と戦争という永遠テーマを扱う。 科学、技術好きなものにとってはたまらないアニメだ。 スカーレット・オハラというキャラクターが出てくるが エヴァンゲリオン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

The Pink Panther(Prehistoric Pink)ピンクパンサー 原始時代

ピンクパンサーのアニメDVDを見る。 中でもこれがお気に入り。 笑いには、言葉は要らない。世界共通。 最後の場面で、車社会を風刺しているのも 60年代のアメリカだからユーモアがあるね。 見たい人はYou Tubeに落ちていたからDVDを買わなくても楽しめる。 音楽はヘンリー・マンシーニ ハリウッドのよき時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人狼(JIN-RHO)を見る

それとなしにレンタルで借りたが、「当り」だった。 結構難解なテーマのアニメである。 1960年代あたりの日本の世相と風景をベースにしているが、 それは表層であって。。。 DVDの付録に、予告編がついているので これをはじめに見ていれば、理解が進んだであろう。 「赤頭巾と狼」物語も作品の進行に重要だ。 このことから少…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鉄人28号がまた見たくなって

年末というのに「鉄人28号」がまた見たくなって、新長田へ行く。 ライトアップして、質感が出て、いい感じだ。 商店街の南端に、鉄人28号プロジェクトの展示事務所があって、 鉄人28号の製作過程のビデオが上映されていたので興味深く見る。 ビデオによると 2本の足の下に頑丈な地中基礎を作って、 高圧電線の鉄塔のよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏の欠片(かけら)

やっと秋らしくなってきた。 我が家のベランダもトレニアが最後の花をつけている。 春に向けて球根を植えるため 「ししとう」を掘り起こす。 今年は獅子唐の苗を3本植えたが 本当にたくさんの獅子唐を 毎週土曜の朝にソテーして食べた。 最後の獅子唐だ。 もう小さくて、ひん曲がっている。 赤く色づいて、夏の名残 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ルパン三世 霧のエリューシヴ を見る

ルパン三世のシリーズは大好きなので、 いつも見逃さないようにしている。 ルパン生誕40周年、テレビスペシャルということで、 無料で新作が見れるのがうれしい。 録画しておいたものを早起きしてみる。 あだ討ちや仕返しなんて、つまらんよ。 恋敵という言葉があるが、戦争もこれとたいしてかわらない。 という落ちがおもしろい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」VS「ALWAYS 三丁目の夕日」

休みだが、寒いので、こたつでビデオ、DVD三昧である。 ビックコミックの「西岸良平」の原作は、なんとなく、わざとらしくて あまり見ていなかったのだが、映画はどんなものかと見る。 感心したのは昭和33年の東京の下町風景が 小物に至るまで、当時そのままとてもリアルに再現されている。 また、都電や上野駅の蒸気機関車もSF…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アリーテ姫

1年ほど前に、このアニメ映画を見て、「いいな」と思っていた。 ずっと、その考えを整理したいと思っていたが、 今回の出雲への旅でヒントを得たので、ブログに記録することにする。 「アリーテ姫」は、多くの物語の姫と違い、 決して美しくもなく、何のとりえもない。 しかし、この映画を見終わった者に、その存在感を残す。 ひょっとする…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゲド戦記

遅ればせながら、地方都市の映画館で見た。 それも最終上映時間に行ったので、私の他は客5人しかいない。 贅沢にも、ホームシアター状態である。 さて、映画はどうかというと まず感じたのは、映像全体の色合いが、 写真で言うと色温度が高い赤みがかった感じで ジブリ初期作品の「トトロ」とか「魔女宅」の 透き通った画像でないのでが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more