テーマ:台湾

台湾(若林正丈)を読み、台南を歩く 赤カン楼(チーカンロウ)に行く

台湾の通史をコンパクトにまとめた本は意外と少ない。この本はそういった意味で読んでよかった。 台湾が世界史に登場してくるのは、17世紀にオランダ東インド会社が、台湾に入ってきて、一部植民地化を行い、通商基地として位置付けたときにはじまる。 それまでは、いわゆる先住民が各地でそれぞれの領地を保有していたに国家の形態を成していない土地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金瓜石 金鉱山施設遺構 (台湾 新北市立黄金博物館)に行く

「金瓜石」という日本統治下に開発された金鉱山跡がある。 千と千尋の神隠しで有名になった九份のすぐ隣にありながら、日本人で足を延ばす人は少ない。 九份が同じく金鉱山跡でありながら、今はその面影がほとんど見られないのに対し、金瓜石は鉱山そのものを観光施設にしている。 九份から車で山道を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

烏山頭水庫に八田與一の功績を訪ねる

烏山頭水庫は台湾台南にある巨大ダムである。 仕事柄、一度訪ねたい場所であったのだが、今回機会を得た。 高鐵で台南に向かい、台南で一泊、 翌日、烏山頭水庫に一番近い、台鐵 隆田駅まで行く。 隆田駅は台南から7つ目の電車しか止まらないローカルな駅だが、結構大きな駅である。 駅舎を出ると駅前は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台南B級グルメを食す

台南の町で1泊したのだが、街並みが台北より一昔前の感じがする。 当然、店も個人商店が多く、いわゆる店舗と住居が一緒になったショップハウスである。 そんな中で、食い物というと1つの品目に特化したB級グルメの店が多い。 これはガイドブックにも載っている、再発号の海鮮八宝肉粽 名前からしてうまそうだが、確かに鮑、貝柱、玉子、サクラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾自転車気儘旅(石田ゆうすけ)

自転車旅行おやじのMさんに勧められて読む。 こりゃ、自転車旅行というより、台湾大衆食堂自転車めぐりである。 おお、また旅が僕を呼び始めた。 芭蕉のいう漂泊の思いやまず、 村上春樹のいう遠い太鼓の音である。 たわいもない旅行記だが 先進医療団体のなかった台湾東部に 「慈済会」という慈善団体を作った「證厳」という尼僧の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more