テーマ:中国東北部

中国東北部の旅から帰国する

中国東北部(黒龍江省・吉林省)の旅から帰ってくる。 旅行中はほとんど、国内情勢、世界情勢から 隔離された状況だったため、浦島太郎状態である。 しかし暑い。 中国東北部は、日本の北海道より北だし、雨季でもあり涼しかった。 それに、株や為替が大きく変動している。 中国では別にそんなニュースは流れていなかったぞ。 サブプライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧 哈爾濱(ハルビン)ヤマトホテル を訪ねる (中国東北部自転車ツアー/2007.8.17)

いよいよ明日帰国だ。 ハルビンには戦前からの古い建築が多く残っている。 ハルビン駅の周辺にもいくつかの名建築が残っている。 夕食後、時間があったのでそれらを訪ねてみる。 まず、立ち寄ったのは、旧 「哈爾濱ヤマトホテル」だ。 今もホテルとして使われていて、 車寄せには、張り出しの屋根がついて古い一流ホテルの雰囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮国境の町 図們 (中国東北部自転車ツアー/2007.8.17)

延吉まで来たので、北朝鮮国境の図們(Tumen)まで足を伸ばすことにする。 急きょ決まったので、スケジュールの都合で朝3時起きである。 橋桁の中間で色が変わっているが、 赤が中国、水色が北朝鮮ということらしい。 小雨に煙る北朝鮮側には、建物が見えるが おそらく、韓国の板門店の北朝鮮側で見るような 見せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう、訪れることのない場所 (中国東北部自転車ツアー/2007.8.16)

旅を続けていると、 実は大抵の場所は、また訪れることのない場所なのだが ふと、ここはもう、来れないところだと強く思う時がある。 それは、何かそこで感じるものがある時なのだろう。             吉林省 春陽 小休止のとき、たまたま目に付いた風景である。 吉林省の小さな町の中学校の前で、 小雨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京城の事件 (中国東北部自転車ツアー/2007.8.15)

8月15日は抗日戦勝記念日である。 そのせいか、昼食に訪れた牡丹江市の上空には 戦闘機が幾度も旋回している。 なんかヤバいなあと思いながら、東京城に向かう。 東京城は、渤海国の都があったところで その遺跡を見るために立ち寄る。 まずは、東京城の駅に行く。 ちょうど、中国鉄道の列車が入ってきた。 昔ながらのモス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ的風景の中国 (中国東北部自転車ツアー/2007.8.15)

やっと太陽が出てきた。 長い下り坂を快調に飛ばし、牡丹江へと向かう。 こちらに来てから、 時々、イメージがヨーロッパの農村風景とラップするところがあり なぜかなあと考えていた。 たとえば、これは牡丹江郊外の一農村だが、 スペインの片田舎の集落といっても別におかしくない。 地形が日本と違う、広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キクラゲはいかにして作られるか (中国東北部自転車ツアー/2007.8.15)

ロシア国境の町 綏芬河をあとにして牡丹江へと向かう。 道中、原生林と広大な畑を眺めながら、バスで移動する。 畑の作物はトウモロコシ、ヒマワリ、ダイズがほとんどだが 中にしばしば一面、白くなった畑が見える。 目を凝らしてみると、白い箱状のものが、規則正しく並んでいる。 現地ガイドさんの説明によるとキクラゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綏芬河 景気のいいロシア国境の街 (中国東北部自転車ツアー/2007.8.14)

牡丹江から東へ、夕刻、ロシア国境の町、綏芬河(Suifenhe)に着く。 坂道が印象的で、サンフランシスコや函館の町を思い起こす。 ロシアとの木材交易で結構、潤っているらしくて、 辺境都市にしては、町並みも、通りの人も 垢抜けた感じがする。 宿舎は国境すぐそばの 世貿假日酒店(ホリデイイン) ご覧のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人残留孤児と会見する (中国東北部自転車ツアー/2007.8.14)

牡丹江人民政府で日本人残留孤児との会見があった。 養父母からの話だけを頼りに、 自分が日本人であることをずっと思い続け、 国家は彼らを見捨てたのに関わらず、 今なお日本人としての誇りを持ち続ける。 彼らにとって日本とは何か。 それは、国家としての日本でなく、 自分のルーツとしての父母の国なのだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尚志賓館の顧客第一主義?(中国東北部自転車ツアー/2007.8.13)

尚志では「尚志賓館」に宿をとった。 まずびっくりしたのは、バスタブにお湯を張ろうとすると バスタブの底が見えないほど水が鉄色なのである。 しかし、汗もかいているので、シャワーをせざるを得ない。 ここは、有馬温泉の金泉だと思って、入ることにした。 寝ていると何か痒い。 ダニがいるのか。 朝見ると何か噛まれている。 もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帽児山を見る ハルビン→尚志  (中国東北部自転車ツアー/2007.8.12)

いよいよツアーをスタートする。 ハルビン市内の混雑を避けて 郊外に出てからスタートする。 なだらかな丘陵が続き、トウモロコシ畑が広がる。 昼ごろ小雨が降る。 途中からぬかるみ道になり、サポートのバスが 橋が渡ることができず、迂回を余儀なくされる。 急きょ、地元のローカルバスに乗り合わせ凸凹道を走る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国流運転と歩行者の技 ハルビン駅前 (中国東北部自転車ツアー/2007.8.12)

朝、時間が少しあったので、もう一度ハルビン駅前を散歩する。 ハルビン駅前は道路が集結していて すべての車が駅めがけて押し寄せる。 中国流の運転の仕方は 「鋭い目つき、勇気、抜け目のなさ」だと現地ガイドさんが言っていたが それプラス、自己主張のクラクションが必須である。 昨日の夜も、前の道路のクラクションを晩くまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西空港→ハルビン (中国東北部自転車ツアー/2007.8.11)

今年は関空に行くのに、神戸関空ベイシャトルを利用する。 往復利用すると、駐車場が無料なのがうれしい。 自転車は、いつも空港宅急便で送っていたが これだと直接、自宅から持っていっても苦にならない。 さすがに駐車場は満杯で、東奥の砂利舗装のところに止める。 30分で関空に着く。 お盆前なので、関空は結構混雑している。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more