テーマ:五條

吉野口 柿の葉寿司を食べる (beret-expedition2008 §17)

いよいよexpedition2008も吉野口駅で終わる。 吉野口駅は近鉄とJRがホーム、駅舎を共有しているが 駅前は寂れた片田舎の雰囲気で、昼飯を食べようにも何もない。 駅前の交差点に柿の葉寿司の幟を見つけて、事務所のような店に入る。 幸いなことに駅弁「柿の葉寿司」の製造所であった。 さっそく柿の葉寿司を所望すると、 寿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まぼろしの「五新鉄道」 (beret-expedition2008 §16)

五條新町のはずれに立派なコンクリートアーチが見られる。 アーチのたもとの看板によると「五新鉄道」の軌道の残骸である。 贔屓目に見て、銀河鉄道999の発射台のようでもあるが、 実際はガード下は付近住民の物置と化している。 五新鉄道とは五條と新宮を結ぶ鉄道のことで、 1937年に建造が始まり、1959年に社会情勢の変化から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五條 新町(紀州街道)を探索する (beret-expedition2008 §15)

紀伊山地を縦断し、紀ノ川との結節点、五條に出る。 五條市内に入ると、なにやらベレー帽2人組の嗅覚が刺激される。 本能に従い、狭い路地に入ると、やはりそこはベレー帽的町並みが連なっていた。 国道168号線からの入り口 このような「しもた屋」が並んでいる。 富の泉源は何だったのか。 紀ノ川、紀州街道の交通結節点と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more