テーマ:空海

山岳信仰(鈴木正崇)

空海の密教と山岳宗教は深いつながりがある。そういった縁により手に取って読むことになった。 農耕民の山の神 農耕民にとって山は水の源であり、山の神は農耕の守護神である。春には山の神が里に下り、秋には山に帰る。祖先の霊が33回忌を終えると、高い山で山の神と融合する。 山中他界観 死者の霊魂が赴く場としての山。埋葬を山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空海の魅力について

空海は魅力的な人物であるが、実は今までどのような人物であったか詳しく知らなかった。このたび、空海についてまとめてみた。 現代まで続く日本の文化、宗教観を、空海がはるか奈良時代にまとめあげ、それが今なお生き続けていることに気付く。 空海が生きた時代 奈良時代の仏教文化が成熟期を迎え、一方で僧侶の堕落や、政治氏族(藤原氏)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more