テーマ:丹後

舞鶴要塞遺構を探検する(2) 瀬崎 博奕岬電灯機関舎跡

昼からは瀬崎地区にある博奕岬電灯機関舎跡に行く。 灯台へ至る道の途中の側道を少し入ったところの藪の中に突然、煉瓦壁が出現する。 電灯機関舎とは、探照灯へ電気を供給する発電所である。 明治42年竣工 内部はモルタル壁がきれいに残っている。 床には発電機が据えてあった架台らしいものが見れるが、すでに木々が侵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞鶴要塞遺構を探検する(1) 倉梯山砲台跡

「赤煉瓦倶楽部舞鶴」主催の舞鶴要塞遺構見学会に参加する。 参加者26名。まずは倉梯山砲台跡。 舞鶴道の側道から頂上に至る旧軍道がある。 ほとんど通行がないだろうが、まだ道の形態を残している。 20分ほど登るとヘアピンにさしかかり、そこにある構造物。 車止め(ガードレール)らしきもの その直下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府の歴史散歩(下)を読み「丹後」に思いを馳せる

丹後に行く下調べをしている。 市販本で、丹後に関する解説書は少ない中、本書はとても役に立つ。 それもそのはず、出版は山川出版社、編者は京都府歴史遺産研究会である。 やはり、古代、丹後は大陸への玄関として、重要な位置を占め、 大きな古墳も築造され、ヤマトとの交流もあったようだが、 それは古墳時代中期までで、大陸の交易路が瀬戸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more