テーマ:牡丹江

ヨーロッパ的風景の中国 (中国東北部自転車ツアー/2007.8.15)

やっと太陽が出てきた。 長い下り坂を快調に飛ばし、牡丹江へと向かう。 こちらに来てから、 時々、イメージがヨーロッパの農村風景とラップするところがあり なぜかなあと考えていた。 たとえば、これは牡丹江郊外の一農村だが、 スペインの片田舎の集落といっても別におかしくない。 地形が日本と違う、広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キクラゲはいかにして作られるか (中国東北部自転車ツアー/2007.8.15)

ロシア国境の町 綏芬河をあとにして牡丹江へと向かう。 道中、原生林と広大な畑を眺めながら、バスで移動する。 畑の作物はトウモロコシ、ヒマワリ、ダイズがほとんどだが 中にしばしば一面、白くなった畑が見える。 目を凝らしてみると、白い箱状のものが、規則正しく並んでいる。 現地ガイドさんの説明によるとキクラゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人残留孤児と会見する (中国東北部自転車ツアー/2007.8.14)

牡丹江人民政府で日本人残留孤児との会見があった。 養父母からの話だけを頼りに、 自分が日本人であることをずっと思い続け、 国家は彼らを見捨てたのに関わらず、 今なお日本人としての誇りを持ち続ける。 彼らにとって日本とは何か。 それは、国家としての日本でなく、 自分のルーツとしての父母の国なのだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more