テーマ:海賊

カスバ・ウダイヤと海賊王国 (ラバト)(2019モロッコ紀行§2) 

モロッコの首都はと聞かれると即座に答えられる人は、あまりいないだろう。 ラバトはモロッコの首都であり、その歴史を調べてみると、起源は紀元前3世紀にはじまる。 フェニキア、カルタゴ、ローマ植民市、イスラム要塞と変遷をたどり、1146年にムワッヒド朝の都となる。 そのころ建設されたのがカスバ・ウダイヤ(城壁)である。 プレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女海賊ユーリ 謎の時光石 (みおちづる)

何か難しい本を読んだ後は少年少女のための本もいいなあと、 表紙イラストの「海賊服の少女」にひきつけられ、 いい設定だなあと読んでみる。 内容というと、海賊の冒険と言いながら、かたや時空を超えるSFの要素もあり、 なかなかわくわくする良書である。 子供のころ、この類の冒険物語をよく読んだものだ。 ナルニア国物語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pirates of Silicon Valley

邦題は「バトルオブシリコンバレー」  pirateは海賊という意味のほかに、 著作権侵害者という意味もある。 アップルのスチーブ・ジョブスと マイクロソフトのビル・ゲイツの物語。 どちらも成功者といいながら、 結構えげつない事をやってきている。 ビルゲイツがIBMに売り込んだDOSは、 最初は、はったりで、 あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界史に消えた海賊(武光誠)

久々の通勤電車の中の、面白い読み物であった。 海賊の歴史について世界史の中の事実として読みやすくまとめている。 西洋史において、海賊の時代は16C中ごろから18C中ごろの200年あまりである。 その背景には、スペイン、イギリス、フランス、オランダの新大陸の利権をめぐる争いがある。 イギリスはスペインの植民地からの富を私掠船を利用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白石島へ行く (笠岡市長杯ヨットレースに参戦する)

またまた、ヨット海族ⅰさんと Tさんのお誘いで、 ヨットレースに参加する。 場所は中部瀬戸内の白石島である。 笠岡から渡し舟で30分。 舟で島へ上陸するというのは いつもわくわくして大好きだ。 白石島は周囲5kmほどの島なのだが 標高150mほどの 尾根が連なっている。 さっそく、Tさんと散策に出かける。 白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢神宮 に参る (5) 鳥羽の海賊「九鬼嘉隆」や若き日の「江戸川乱歩」 

帰りの電車の時刻まで小一時間あったので 鳥羽駅のあたりをうろうろしていると 「鳥羽市歴史文化ガイドセンター」なるものがあったので、 ぶらっと入ってみる。 こじんまりとしたホールに 「九鬼嘉隆」の簡単な展示パネルがあった。 「海賊」は、ベレー帽活動の1つのテーマであるので 興味深く見ることにする。 嘉隆…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西梅田 を歩く

西梅田に用があり、付近をぶらぶらしてみる。 このあたりは、阪神電車が地上を走っているころの うら寂しい街のイメージしかなかったので、 (いつのこと?結構むかしのことじゃないの!) 変わりようにびっくりする。 結構、面白いビルが立ち並んでいて飽きない。 なかでもJRからも見える、 ホテルモントレの奇妙なバルコニーが目を引く。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more