テーマ:007

第三の男、 007リビング・デイライツ の舞台

ウイーンの大観覧車といえば、第三の男が悪の論理を語る決定的な舞台。 アントンカラスのシター演奏の主題歌はあまりにも有名。 映画好きの父が、戦後すぐに見た映画でもある。 ぜひ行ってみたいと思っている。 第三の男 オーソン・ウェルズ ジョセフ・コットン CID-5009 [DVD]キープ株式会社 2014-05-16 A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

007 Casino Royale(カジノ・ロワイヤル)

お待ちかねの007の21作目を見に行く。 映画館は、まあまあの入りである。年配の人が多いようだ。 冒頭のいつもの追跡シーンは、乗り物を使ったチェイスでなく まるでスーパーマリオがゲームの中で飛び跳ねているような 生身の追跡シーンが展開する。 全編を通じて「Q」の作った「おもちゃのような秘密兵器」は登場しない。 ポーカーが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

007 The Living Daylights (リビング デイライツ)

小雨のお正月。こたつで映画。当然007シリーズである。 ソ連とかアフガンが舞台になっていて、 ボンドカーも「アストン・マーチン」だったりして 時代を感じさせてしまう。(1987年封切) ボンド役ティモシー・ダルトンは、英国ボンドのいい雰囲気を出している。 悪役はそんなに強くなくて、思ったより簡単にやられてしまう。 でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

007 THE WORLD IS NOT ENOUGH (ワールド・イズ・ノット・イナフ)

昔、正月映画といえば007と決まっていたが このごろは他にも面白いものが多くてご無沙汰している。 久しぶりに007シリーズをビデオで見る。 タイトルの「THE WORLD IS NOT ENOUGH」 は映画の中で 007がつぶやく台詞から来ていることが分かった。 「世界を手にしても。。。」なんてかっこいいよね。 0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more