テーマ:信州

楢山節考(木下恵介)

映画 楢山節考を見る。 歌舞伎の舞台のようであるが、 見ているうちに次第に物語の世界に入ってしまう。 すべてがスタジオセットで撮影されたというのは、驚く。 また、おりんを演ずる田中絹代は、 この役のために前歯を抜いたというのだからすごい。 監督、舞台美術、大道具、俳優 すべてが職人的な映画だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諏訪湖畔にて縄文の旅から帰る (beret-expedition 2007 §9)

縄文の旅の最後は、諏訪湖を見る。 縄文人はここでワカサギを取ったり、 舟で黒曜石を運んだりしたのだろう。 残念ながら 「アワラ」と呼ばれた低湿地にはビルの影が見え 湖面にはアオコが発生して 縄文の面影は、はるか山並みでしか偲ばれない。 しかし、この岸辺から、黒曜石を求めて 縄文人が船出したと考えると考える…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

諏訪大社下社 秋宮 に 参る(beret-expedition 2007 §8)

和田峠を下りきると諏訪大社下宮に着く。 上宮よりも立派な感じがする。 昔は上宮と下宮は競争関係にあったみたいだが、 現在では、 社務所で売っている御札なんかを見る限り 同じようなデザインで、共存関係にあるようだ。 神社も経営統合化が進んでいるのだろうか。 ここにも御柱が立っている。 社殿の透か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和田峠の旧道を登る (beret-expedition 2007 §7)

ベレー帽2人にとって、 和田峠は思い出深い場所である。 かれこれ25年ほど前、 自転車で和田峠越えをしたことがある。 今回は、男女倉からわざわざ和田宿まで引き返し 当時の旧道を和田峠へと登る。 今はバイパスが出来て、交通量は激しいが 旧道は閑散としている。 電柱がなければ古い宿場の雰囲気が出るだろうに残念…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鷹山遺跡群(星糞峠) を探訪する (beret-expedition 2007 §6)

いよいよ今回のメインテーマである 黒曜石の採掘地を探訪する。 場所は長和町(旧大門町)鷹山に 星糞峠という奇妙な地名がある。 ここが縄文人が黒曜石を3万年にわたり採取したという場所である。 大門街道から山道を登ると、スキー場のある高原に出る。 夏のスキー場は人気がなく寂しいが いかにも縄文人が好みそうな高原地帯であ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

車山と白樺湖 の憂鬱  (beret-expedition 2007 §5)

車山と白樺湖はかれこれ25年ぶりの場所である。 当時も白樺湖は、白鳥の形をしたボートが浮かんでいたりして 既に俗化したリゾート地のはしりであった。 今回は車山に宿をとったが 日本のどこのリゾート地と同じく なんとなく斜陽化している。 どうしてこうなってしまうのだろう。 日本のリゾート地は 同じものを一度に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

尖石遺跡と尖石縄文考古館 を訪ねる (beret-expedition 2007 §4)

諏訪大社を後にし、次の目的地、星糞峠へと車を走らせる。 しかし、行く手には、意外な展開が待ち構えていた。 それは、尖石遺跡である。 今回の予定にはまったく入っていなかったのだが、 「尖石遺跡」という沿道の標識に 引き寄せられるようにして 車はわき道に入っていったのだった。 かねてから、尖石遺跡の名は聞いてはいたが、…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

仲町洗濯場組合 とは何か (beret-expedition 2007 §3)

ベレー帽は些細なことも見逃すわけにはいけない。 諏訪博物館のそばに温泉が自噴していて この温泉を利用した洗い場がある。 この洗い場は、だれでも使えるものではないらしく そばに、看板が立てられていて 「仲町洗濯場組合」として41名の名簿が掲げてあった。 どうも、排他的に温泉を洗濯場として利用しているらしく このよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諏訪大社上社 に参る (beret-expedition 2007 §2)

諏訪博物館の前は、諏訪大社上社の門前である。 博物館で仕入れた知識をもとに、さっそくお参りすることにする。 諏訪博物館から参道を入り、鳥居をくぐると 本殿入口への階段があるが、実はこれは登ってはいけない。 順路は左を指し示しており、 別の鳥居から伸びる回廊を通って、本殿の入口に向かう。 さて、入口の正面が本殿かと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

諏訪市博物館 を訪ねる (beret-expedition 2007 §1)

待ちに待った「ベレー帽エクスペディション2007」は 信州縄文の旅である。 今回のテーマは、オプシディアン(黒曜石)ということであるが はたして3万年前の日本先住民は、今回の旅で 我々に何を語りかけてくるのか、楽しみである。 beret-eastと茅野で待ち合わせ、さっそく「諏訪市博物館」へと向かう。 諏訪市博物館は、諏…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「黒曜石」に関する本を読む

「ベレー帽エクスペディション2007」は、信州鷹山遺跡群を予定している。 そこで、事前お勉強ということで、関連図書を読み漁る。 鷹山遺跡は旧石器時代から縄文時代にかけて 全国に黒曜石を供給した黒曜石採掘遺跡である。 以下 覚え書き 文献1 「黒曜石の原産地を探る・鷹山遺跡群」 新泉社 鷹山遺跡のガイドブックと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more