テーマ:推理小説

「吉原手引草」(松井今朝子) を読む

久しぶりの新刊ハードカバー、 題名にひかれて読み始める。 吉原きっての花魁「葛城」の失踪事件。 主人公は「葛城」であるのだが、 まったく本人は登場しないで、 周りの人々の弁により 葛城の姿が明らかにされていくのが面白い。 また、作者の風俗考証も綿密で 吉原の風俗がわかって興味深い。 吉原という郭のシステムは、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more