テーマ:

旧根北線 第一幾品川橋梁(越川橋梁)(2015道東自転車紀行 §4)

根北峠を喘ぎながら登っていると、突然ローマの水道橋のようなものが現れた。 説明看板がなければ、まさしく水道橋である。 説明によると、昭和14年に着工完成した10連アーチの鉄道橋とある。 根北線は、戦時中に斜里と根室標津を結ぶ壮大な計画がされたものの、 昭和32年に斜里~越川間が開通したのみで、ついにこの橋梁までは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

谷瀬の吊り橋とディビダーク工法(やじろべえ工法)(beret-expedition2008 §14)

谷瀬のつり橋を過ぎたあたりから道が険しくなってくる。 途中、ディビダーク工法でバイパス橋を造っている現場に出くわし、仕事柄、興味深く観察する。 休日も現場は稼動している。ご安全に ちかごろ土木事業への風当たりが強い。 必要以上の工事は考えものだが 社会資本の蓄積、技術の伝承として 土木事業を評価していく必要がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more