テーマ:歴史

黒鍬さんがいく (広瀬伸) 風媒社

「黒鍬」とは日本史においての土木集団の呼び名であるが、その実態はつかみ所のないものである。 本書は黒鍬を4つの系譜にして、多くの過去の文献から説明してあり、読み物として面白かった。 「黒鍬の4つの系譜」 1 戦国期に築城や鉱山技術をもって領主に使えたもの 2 石工 穴太衆 3 農閑期作業として 旅としての土木集団 4 農…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やきもの文化史 (三杉 隆敏)

陶芸をやり始めてもう足かけ7年はたつ。やきものはいくらやっても奥が深い。それだけの歴史があるからだ。 やきものが世界に伝播する過程を著者は現地に足を運び解き明かしている。この本は多くのことを教えてくれた。 轆轤 蹴轆轤 右足で蹴るので轆轤は左回り、中国・朝鮮系、九州、丹波にあるが大陸系の証し 手轆轤 手で手前に引っ張るので轆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太平洋諸島の歴史を知るための60章 明石書店版

ミクロネシア、メラネシア、ポリネシアといえば、あまり知らない太平洋の島々だ。 これらの島々は日本の南方にあり、温暖な気候の下、素朴な生活を営む。そういったイメージだけでこの本を手に取ったが、これら南洋の島々は多彩な文化と歴史を持った地域であるとわかった。 日本との関係も深いものがある。特に古代、植民地以前の状況は興味を引く。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本への警告 ジム・ロジャーズ

2019年9月時点のジム・ロジャーズの日本と世界の見方であるがなかなか参考になる。 日本が抱える問題。少子高齢化、多額の財政赤字、長期債務残高。制度破綻が起きると気が付いているのに、具体的にどうしたらいいのかわからない。 破綻はゆっくり訪れるものだ。多額の借金を抱えながら走るのは相当難しい。 日本政府は好きなだけ日本人に国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人はどのように鉄を作ってきたか(永田和宏)

製鉄の歴史4000年、興味深いものがある。 素材として4000年もの間使われ続けた鉄。当たり前だがその製法原理は昔から変わっていない。 しかし、和鋼の素晴らしさは格段であることを改めて認識する。 和鋼の歴史をまとめておく。 6C後半 製鉄伝来       長方形箱型炉 中国・九州に分布 8C  半地下式縦型シャフト炉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刀の日本史(加来耕三) を読む

日本刀は世界でもまれな武器である。 「軽くて折れず曲がらずよく切れる」 武将の武器への願望であるが材料技術的には相反する。 そういった奇跡の武器である日本刀という視点から、 日本史散歩ができる面白い1冊だった。 よく古墳から出土するのは、太刀と呼ばれる直剣である。 青銅製からより強度の高い鉄製に移行する。 豪族は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇になろうとした将軍(井沢元彦)

最近、南北朝時代、特に建武の中興(最近は新政ともいう)あたりに興味があり手に取った本。結構この時代は、ややこしくて日本史の教科書でもわかりにくかったのを覚えている。しかし、天皇をめぐる内紛でありクーデターであり、日本史の中でもなかなか異様な時代であったことがわかった。この本は、もともと週刊ポストの連載であったので面白く読めた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奴隷のしつけ方(マルクス・シドニウス・ファルクス)

いかにも古代ローマの実在人物マルクスが書いた本のようだが、実はジェリー・トナーというケンブリッジ大学の古典学研究者が古代ローマの文献を駆使しながら、古代ローマの奴隷について語る。非常に興味深い本。 これを読むと、古代ローマの奴隷は社会を維持していく上で当然のこととして存在しなくてはならないものであったが、一般ローマ人は奴隷の扱いに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兜沼郷土資料室を訪れる(礼文島紀行§3)

35年ほど前に兜沼へ来たことがある。 再び訪れると、湖畔に美しいキャンプ場ができていて、のんびりするにはうってつけのところだ。 駅近くの街中を歩くと「兜沼郷土資料室」というのがあったので入ってみた。 ここはもともと、兜沼郵便局であった建物を資料館にしている。 展示物は、いわゆる民俗資料で、大正から昭和にかけての生活用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more