テーマ:環境

「キクイモ」を食べる

最近、農産物の直販店が大はやりだ。 時々覗いてみると、一般市場では出回らないものに出くわす。 この、「キクイモ」もそうだ。 「戦時中、食べたことがある」と母が話していた。 それである。 さっそく1袋150円で購入。 親切にレシピもついている。 切って、いためたり、サラダにしたりとか 一般的な芋の処方である。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

干潟の風景 (新舞子)

朝日が干潟に反射して、幾何学模様を作る。 たまたま、いいタイミングで通りかかった。 干潟に多くの水鳥が走る。 このような美しい干潟が少なくなってしまった。 多分、写真愛好家や野鳥観察家なのだろう。 熱心にカメラを構えていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハチはなぜ大量死したのか Fruitless Fall (ローワン・ジェイコブセン)

環境と経済活動の関係は、 一筋縄ではいかないことを分からせてくれた1冊。 一般に流通しているハチミツの現状を知って愕然とした。 安い瓶詰めのハチミツは、今後買うまいと思った。 しかし、もっと怖いのは、 花と昆虫の受粉システムが大きく崩れはじめていること。 大量死するミツバチ。 ギイタダニというミツバチに寄生するダニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニセアカシア(ハリエンジュ・針槐)

帰り道、ニセアカシアが満開だ。 蜂たちが蜜を集めている。 沢木耕太郎が小学生向きに書いた本で 「ハチヤさんの旅」という素敵な本がある。 養蜂家の家族が、ミツバチを連れて 花の時期を求めて日本列島縦断のたびをするレポートだ。 その中にも、ニセアカシアの花が出てくる。 本ではアカシアと書いてあるが、ニセアカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハマボウとトマトを植える

緑の季節になった。 1年で自然が一番輝く季節でもある。 近所の店でカゴメのジュース用トマトの苗をもらった。 そして、昨日は、所属する自然観察会の総会があり そこで成ケ島産のハマボウの苗をもらった。 残念ながら我が家はマンション暮らしなので 庭がない。 その代わり最上層でテラスが10畳ほどもあるので プランターガーデニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イカの哲学(中沢新一・波多野一郎) を読む

懇意にしていただいている IN画伯から 推薦いただいて読み始めたのだが 久々に新たな視野が展開した本だった。 イカとは烏賊なのだが まず、「イカの哲学」の作者 波多野一郎の生涯について 波多野は、グンゼの御曹子として生を受け カミカゼ特攻の生き残りで ロシアに抑留され さらに戦後まもないアメリカに哲学を学…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (武田邦彦) を読む

ペットボトルのリサイクルの事実は 資源を7倍使い、ごみが7倍増え、資源は再利用されていない。 他にも、 「ダイオキシンは本当に猛毒か」 「地球温暖化をめぐる誤解」 「ちり紙交換屋は、なぜいなくなったか」 などの事実?を解き明かしてくれる。 実は環境にやさしいと言われて(思って)やっていることが とんでもない勘違いであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成ケ島 に自然観察に行く

成ケ島は、紀淡海峡にある細長い砂州の島だ。 かねてから行きたい場所のひとつだった。 対岸の由良からわずか500mほどなのだが、 普段は渡しの船がなく、なかなか行く機会のない場所だった。 今回、所属する会の自然観察会が成ケ島で開催されるので、 喜んで参加することにする。 最近知り合いになった、ⅰさんに声をかけると 家族そ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

台風のあと

幼いころから、台風の通り過ぎた後の空が、好きだった。 色々な形の雲が現れるからだ。 今日も、夕暮れの西の空を見ると、 大きな恐竜のような雲が横たわっていた。 ネッシーなんていう恐竜が話題になったことがあったっけ。 台風の被害のことを考えると不謹慎だといわれそうだが、 台風のあとの、朝の町を歩くのも好きだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民風力発電所の利益分配金 を受け取る

もう4年前になるが、 風力発電所を市民の出資によって作るという、 プロジェクトがあって、興味があったので、 建設費用を出資したことがあった。 すっかり忘れていたのだが、4年目に中間利益分配がされることが 当初の計画にあり、その報告書が送られてきた。 この市民風車の計画はなかなかユニークなもので、 一般市民の出資でファン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類究極の選択

環境問題をあつかった本である。 データーを多用して現代の環境問題の現状を、 科学面、技術面から丁寧に解説している。 また、日本人と西洋人の脳構造の違い、 日本文明と西洋文明の違いから、 日本人の自然観と西洋人の自然観の違いを説いた部分や、 東西宗教の違い(物神一元、物神二元)とから環境問題を 説いた部分は大いに賛同できるも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more