テーマ:農業土木

黒鍬さんがいく (広瀬伸) 風媒社

「黒鍬」とは日本史においての土木集団の呼び名であるが、その実態はつかみ所のないものである。 本書は黒鍬を4つの系譜にして、多くの過去の文献から説明してあり、読み物として面白かった。 「黒鍬の4つの系譜」 1 戦国期に築城や鉱山技術をもって領主に使えたもの 2 石工 穴太衆 3 農閑期作業として 旅としての土木集団 4 農…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「丹波天女羽衣伝説地」の謎を解く

コロナ禍で旅行がままならないので、Google mapで時間旅行する。テーマは「丹波天女羽衣伝説」である。 全国各地にある天女羽衣伝説は、天女が地上界に降りて、泉で羽衣を脱いで水遊びをしていたところ、その土地のものが、天女の羽衣を隠してしまい、天上に帰れなくなった天女をしばらく地上界に滞在させる。というもので様々な類型がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

烏山頭水庫に八田與一の功績を訪ねる

烏山頭水庫は台湾台南にある巨大ダムである。 仕事柄、一度訪ねたい場所であったのだが、今回機会を得た。 高鐵で台南に向かい、台南で一泊、 翌日、烏山頭水庫に一番近い、台鐵 隆田駅まで行く。 隆田駅は台南から7つ目の電車しか止まらないローカルな駅だが、結構大きな駅である。 駅舎を出ると駅前は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一海知義先生お別れの会 先生の思い出

中国文学で著名な一海知義先生がお亡くなりになり、 お別れの会に参列させていただいた。 会場は、大学の大講義室という先生らしい設定だった。 私は理系の学生であったが、教養部時代から 先生の部屋へ出入りして、漢詩を読む会に参加していたが、 あまり漢詩は勉強もせずに、お酒とか夏休みの旅行などにご一緒するのが主だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

念願の豊稔池を訪れる(香川県大野原)

仕事柄、豊稔池は一度訪れてみたい場所だった。 職場の若い人が行くというので同行させてもらった。 関西から豊稔池までは結構ある。 途中、讃岐うどんを食べ、満濃池にも寄ったので、3時ごろ大野原のIC、 そこから山へ向かうこと30分ほどでダムサイトに着く。 駐車場がありそこからダムが見えている。 わくわくしながら、ダムのす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more