テーマ:寺院

ダンブッラの石窟寺院(スリランカ紀行15)

街道を行くと巨大な岩山が見えてくる。 ダンブッラは街道沿いのローカル色漂う町だ。 巨大な岩山の自然の洞窟に作られた寺院。 清楚な感じである。 打って変って、内部には極彩色な仏像や壁画がある。 日本人には、この極彩色は何となく馴染めないところがある。 前庭の蓮と睡蓮。 池を見る…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ダーガバ(仏塔)ばっかり (スリランカ紀行10) アヌラーダブラ

ダーガバとは、スリランカの仏舎利塔である。 あちこちにたくさんありすぎて堪能してしまう。 ルワンウェリ・サーヤ ダーガバ 高さ55m 紀元前2C ガイドに聞くと、内部は空洞であるという。 どのようにして作ったのだろうか。 張りぼてにしても、これほどの高さに作るのはかなりの土木技術である。 修復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スリー・マハー菩提樹 (スリランカ紀行8) アヌーラダブラ

この菩提樹は、釈迦が悟りを開いたという ブッダガヤの菩提樹を 紀元前3Cに株分けして持ってきたものだと言う。 樹齢2000年以上ということになるが、 おそらく代々、挿し木で受け継がれたものであろう。 そのような無粋なことを考えるのは信仰心が無いものの考えであって、 やはり、仏教の聖地のひとつであることは確かで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象の集まる仏歯寺 (スリランカ紀行4) キャンディ

キャンディは15C~19Cキャンディ王国の首都だった。 日本でいうと京都みたいなところなのだろうか。 仏歯寺というところには 4Cにインドからもたらされたという、 シャカの歯が祀られている。 ちょうどペラヘラ祭りの時期で、警備の警官がすごい。 寺には、象が各地から集まってきている。 動物園で見る象と違っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more