テーマ:ローマ

奴隷のしつけ方(マルクス・シドニウス・ファルクス)

いかにも古代ローマの実在人物マルクスが書いた本のようだが、実はジェリー・トナーというケンブリッジ大学の古典学研究者が古代ローマの文献を駆使しながら、古代ローマの奴隷について語る。非常に興味深い本。 これを読むと、古代ローマの奴隷は社会を維持していく上で当然のこととして存在しなくてはならないものであったが、一般ローマ人は奴隷の扱いに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボルゲーゼ美術館に行く (美術館で直接予約する)(2009イタリア紀行 12)

今回の旅行のお目当ての1つは、ボルゲーゼ美術館である。 多くのガイドブックには、事前予約が必要などと、たいそうに書いてある。 しかし、今回は家族旅行だし、 ボルゲーゼ公園をぶらぶらするだけでもいいと思い 予約なしで、直接行ってみることにする。 地下鉄フラミニオ駅を下車すると、 そこがボルゲーゼ公園の入口に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天使と悪魔」を見る

「天使と悪魔」封切から2回目の日曜日だが、 新型インフルエンザの影響で、 ホームシアター状態までとは言わないけれど、 かなりすいている。 科学と宗教 どちらも人間の思想であることには変わりない。 それゆえ、どちらも完全なものではない。 歴史上、数多く対峙する場面があった。 そのたびに、お互いの過ちを補ってきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃墟本 を読む (フォロ・ロマーノを思い出す)

本屋で面白そうな本があったので手に取る。 日本全国の廃墟を探訪して写真記録した本だ。 ギリシャ神殿、エジプトのピラミッド、ローマのコロセウムも 英訳すれば ruin 廃墟 なんだけれども この本の廃墟は、ちょっとまた趣が違う。 この本に出てくるのは かれこれ四半世紀くらい前作られた 巨大化した旅館 遊園地 ラブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more