テーマ:武士道

自死という生き方(須原一秀)

武士道の「切腹」の意味、 「葉隠」の「死ぬことと見つけたり」の意味合いを 分かりやすく解いている。 葉隠は官僚的江戸幕藩体制の中で、 戦国の一国一城気風を持った武士が ロボットではなく人間らしく、自尊心と主体性を維持しつつ 生抜くための知恵の書だった。 主人のわがままは、惚れた女のわがままと同じである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラストサムライ

「武士道」について、日本映画でなくハリウッドが 描いたものとして評価できる。 個人の意思が大きい「武士道」が 明治維新により、「西洋軍隊システム」によって 置き換えられる過程の葛藤を描いたものとして この映画を見るなら、新たな発見がある。 先に見た MEMORIS OF A GAISYA (SAYURI) も    h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more