テーマ:内モンゴル

草地と日本人 草甸(そうでん)と呼ばれる植生

過去の日本はかなりの草地が広がっていた。 それは人為的な草地である。 古くは縄文人は彼らの生活上の都合で、 草地を維持するために火入れをしていたようだ。 それはクロボクという土の中には イネ科植物の焼けた微粒炭素が含まれているから分かるという。 明治時代までは、草は家畜のえさでもあり、肥料でもあった。 だからせっせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more