テーマ:福山・鞆

ヨットレースに参加する (鞆の浦 鯛網ヨットレース)

大西洋をヨットで横断したことのある、 Tさんに誘ってもらって、ヨットに乗ることになる。 なおかつ、ヨットはまったく初心者というのに 無謀にもレースにも参加させてもらう。 場所は、福山市鞆の浦。 鞆の浦は、ベレー帽WESTにとって とても縁の深い土地である。 この海でヨットに乗れるとは 感慨深いものがある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雁木

鞆の浦の中心。港の風景。 江戸時代の湊の姿そのままだ。 「雁木」と呼ばれる階段状の船着場が残っている。 潮の干満に対して、船の着岸がスムーズにできるように 工夫されている。 他にも、「常夜灯」と呼ばれる灯台も残っている。 「御手洗」にもこれと同じような港の施設が残るが 鞆ほうが風情がある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鞆の浦

鞆の浦は、ながらく訪れたいと願っていた街である。 鞆の歴史は古く、真偽のほどは置くとして、 神功皇后が朝鮮出兵の折に鞆に立ち寄ったという。 それを思わせるものとして、「渡守神社」の由来や 「皇后島」なる島も見受けられる。 少なくとも、古くから海上交易で栄えた街であることは 確かである。 宿舎は鞆の対岸にある「仙…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

田尻民俗資料館を訪ねる (濱本鶴賓のふるさと)

「田尻」は福山から鞆へ向かう道沿いにある半農半漁の集落である。 ここには、民俗資料を集めた「田尻民俗資料館」がある。 福山の偉大な郷土史家「濱本鶴賓」はこの田尻の出身である。 彼が収集した資料のいくつがが、ここに収められており 資料館の前には彼を顕彰する案内板が設置されていた。 はるか明治の人ではあるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草土千軒遺跡

「草土千軒」は、芦田川の下流に室町時代に栄えた交易都市である。 芦田川の改修に伴い、大がかりな発掘調査が行われ かなりの規模の町であったことが明らかになった。 これらの出土品資料は福山城に近い「県立歴史博物館」に 原寸大のジオラマとともに展示されている。 展示は実に見ごたえのあるもので、ベレー帽2人は とても満足…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福山城

2006年のベレー帽遊びの舞台は 福山・鞆の浦・尾道である。 ベレー帽WESTはベレー帽EASTと福山で待ち合わせ さっそく、福山城へ向かった。 福山は水野、松平が城主を務めた立派な城下である。 残念ながら城は戦災で焼け落ちて現在のものは鉄筋コンクリートの 修復されたものである。 展示物もたいしたものが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more