テーマ:コッツウォルズ

コッツウォルズの小さな街(3) バイブリー(Bibly) (イギリス紀行5)

「イギリスで最も美しい村」と ウイリアムモリスとかいう詩人(私は全く知らなかった)が、 賞賛したという村に着く。 残念ながら、あいにく雨が降ってくる。 この時分のイギリスらしい天気といえばそうだが、 第一印象は美しいというより、なんかうら寂れた感じがする。 この村のみどころのひとつである 14世紀そのま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コッツウォルズの小さな街(2) ボートン・オン・ザ・ウォーター (イギリス紀行4)

次に訪れたのは、 ボートン・オン・ザ・ウォーター(Bourton-on-the-water)という、 その名のとおり街の中心を小川が流れる街。 たくさんの団体観光客が来ている。 けっこう老人の姿が多い。 町全体がテーマパーク化している。 神戸の異人館街みたいな感じだ。 町外れのThe O…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コッツウォルズの小さな街(1)チッピング・カムデン (イギリス紀行3)

今回の旅行のテーマの1つはイギリスの「田園風景」と「ナショナルトラスト」だ。 コッツウォルズ地方がまさしくその場所だ。 ツアーバスでロンドンから3時間ほどでチッピング・カムデン(Chipping Campden)に着く。 古い町並みが残っている。 通りには観光客目当ての小さな店がいくつかあり、 日本で言えば高山みた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more