テーマ:地名

ひょうごの地名再考 (落合重信)

雄伴の郡歌垣山 摂津風土記逸文 雄伴の郡、波比具利岡(ハヒグリオカ)、この岡の西に歌垣山あり、昔、男も女も此の上に集い登りて、常に歌垣を為しき、因りて名とする。 歌垣山は夢野の丸山と考えた。ここは、烏原村と石井村の盆踊りが行われていたし、夢野丸山古墳があり、西には鵯越道がある。 東海地方では歌垣のことをヒヨドリと言ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二上神社 倭文と掃守の地名 (beret-expedition2009§4)

二上山の上り口に二上神社があり、 倭文神社と掃守神社が合祀されている。 倭文(しとおり)は機織を伝えた大陸系の民である。 淡路島にも倭文という地名があり、 その近くにも、掃守(かもり)という地名があるが 掃守とは何か知らなかった。 掃守は蟹守で 箒をもって産室の蟹を払う役だという。 清め、祓いを専…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more