テーマ:古墳

菟原処女(うないおとめ)伝説地を訪ねる

菟原処女(うないおとめ)伝説 摂津国蘆屋 菟原(うはら)郡にいた美少女、菟原処女(うないおとめ)は、菟原壮士(うないおとこ)と、血沼壮士(ちぬおとこ)に求婚されて悩み、生田川に身をなげ、ふたりの男も後を追うというもの。 その埋葬地が、処女塚古墳(おとめつか)と西求塚古墳(もとめづか)・東求塚古墳であるという。 「万葉集」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢野の鹿伝説と五色塚古墳

何か関連がありそうなのでメモしておく。 どうも、夢野の鹿伝説は、古代の抗争を物語として伝えたような気がする。 五色塚古墳 (科学的歴史的事実) 葺石の産地 淡路島北東岸の斑レイ岩 古墳時代中期 4世紀末~5世紀始 『日本書紀』によれば、新羅征討(三韓征伐)中に仲哀天皇が崩御し、神功皇后は筑紫で誉田別尊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訪ねてみたい古代遺跡100

メモ 未踏地の中から  とりあえず 妻木晩田遺跡 弥生 淀江町 埼玉古墳群 古墳 行田市 稲荷山古墳の金錯銘鉄剣 近くで 大岩山古墳群 古墳 野洲町 24個の銅鐸出土 今城塚古墳 古墳 高槻市郡家新町 埴輪制作集団 大田茶臼山古墳が継体天皇と言われているがこちらがそうでないかとも 唐子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁徳天皇の土木事業

土木事業 上町台地を掘削(堀江)し草香江(河内湖)の排水を行い「茨田(まむた)の堤」を築造し、淀川の氾濫を防ぐ。 堀江は現在の大川ではないか。 茨田の堤は大阪門真市にわずか残存、草香江は大阪門真市の弁天池が名残ではないかと言われる。 仁徳天皇 在位 313~399 皇居 難波高津宮 先代は応神天皇で3人の子がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しい古墳 (白洲信哉x泰まゆな)

白州という名前と古墳というタイトルで手に取った本だが、 作者はやはり白洲正子の孫にあたる。 「かくれ里」を執筆していたころの白洲正子に幼いころ接していただけあって、 白洲正子の古代史や美に対する考え方が刷り込まれている。 古墳時代の日本はヤマトを中心とする連合国家のようなものだったのかもしれない。 畿内(そのころはそんな名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「茶すり山古墳」に登る (朝来市和田山町筒江)

とても天気がよいので「茶すり山古墳」へ、自転車で行ってみた。 発掘後、整備されているので美しい古墳の姿が見れる。 築造時の姿で古墳が見れるのは、 あとは、神戸市の五色塚古墳ぐらいだろう。 駐車場と無人ガイダンス棟があり、案内ビデオが無料で見れる。 ここで予備知識を仕入れる。 山頂が平らだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶すり山古墳 副葬品展に行く (朝来市埋蔵文化財センター)

天気もあまりよくないので、 朝来市埋蔵文化財センターで開催している、 特別展「茶すり山王のすべて」に行ってみる。 入場料無料というのが、いい。 常設展示は大したものはないが、 別室の茶すり山古墳の副葬品の  特別展示はなかなかの見ものだった。 まず、目を引いたのは、鉄製の甲冑 朽ちず、よく残っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高塚山に登る (高塚山古墳群)

天気もいいので山登りをする。 高塚山という標高185mほどの里山である。 神戸市外国語大学の横に上り口がある。 ムラサキシキブの写真を写していると かなり年配の方が声をかけてきた。 聞くと「高塚山を愛する会」という地元ボランティアで 登山道の整備をされているらしい。 桜の苗も植えて、ベンチなども作ったらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西谷墳墓群と出雲弥生の森博物館を訪ねる (四隅突出型墳丘墓)

「四隅突出型墳丘墓」は、弥生時代後期に作られた墳墓の一様式である。 今回の探検の一つは、この墳墓の実物を見ることにあった。 出雲空港でberet-estをピックアップして、 「出雲弥生の森博物館」に直行する。 この博物館は、西谷墳墓群に隣接して建てられた、 平成22年にオープンした新しい博物館である。 入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

用明天皇河内陵 (beret-expedition2009§3)

太子町の観光地図を見ると敏達(30)、用明(31)、推古(33)、孝徳(36)天皇、 小野妹子の陵や墓がある。 これらすべて、6C後半、聖徳太子を前後とする人物。 そのひとつ用明天皇陵を見る。 用明天皇とは 31代(585-587) 穴穂部間人(はしひと)を皇后とし聖徳太子をもうける。 つまり聖徳太子の父親で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

聖徳太子磯長御廟 (beret-expedition2009§2)

このあたりを「磯長」という。 「しなが」と読む。 なにか曰くありそうな読み方だ。 叡福寺の境内に御廟がある。 レトロな雰囲気が漂う「叡福寺」前 西日に映える境内と御廟の山が美しい。 御廟には菊のご紋があり、宮内庁管理の看板がある。 「お寺に御廟は違和感があるなあ」というと 「仏…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「五色塚古墳」に登る

垂水に用事があったので ついでに「五色塚古墳」に行くことにする。 昔はJR(国鉄)から、松の茂った小山が見えるだけだったが きれいに整備されて、築造当時に近い姿が見れる、 日本でもめずらしい古墳だ。 「五色塚古墳」は4世紀終りころの築造といわれている。 古墳は平野にあるものが多いが この古墳は、大阪湾と明石海峡を望む海…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more