テーマ:茶道

有馬 太閤の井戸

有馬温泉で会合があり、帰り道で細い坂道を下っていると、 意外なものを見つけた。 「太閤の井戸」という案内板が上がっている。 確かに、地面に井戸のふたのような木がある。 この案内板がなければ、まったく何かわからない。 以前、茶道を少しやっていたことがあり、 過去の風流人は茶の水をあちこち求めたのを知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利休にたずねよ(山本兼一) を読む

利休の死の謎は何か。 利休が守りたかったものは何だったのか。 真の美とは命を賭けてまでも値する。 正月休みに読み進めて、七草までに読み終える。 久しぶりに読み応えのある歴史小説だった。 茶道を少しばかり、かじったことがあるが、 さらにその奥の深さを思い知らされた。 黒田官兵衛の言う「臨機応変の茶」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「千三家」探訪の旅 (beret-expedition@京都西陣)

京都に行った用の帰り、以前、茶道を習っていたので 「千三家」をテーマにベレー帽することにした。 堀川通を北上していくと、今出川通の手前に「清明神社」がある。 夢枕獏の「陰陽師」の小説や映画の影響なのか、境内は若い人で賑わっている。 中には韓国語も聞こえてくる。 清明神社の中に「清明井」なるものがあり、 解説には「千利休も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more