テーマ:台南

台湾(若林正丈)を読み、台南を歩く 赤カン楼(チーカンロウ)に行く

台湾の通史をコンパクトにまとめた本は意外と少ない。この本はそういった意味で読んでよかった。 台湾が世界史に登場してくるのは、17世紀にオランダ東インド会社が、台湾に入ってきて、一部植民地化を行い、通商基地として位置付けたときにはじまる。 それまでは、いわゆる先住民が各地でそれぞれの領地を保有していたに国家の形態を成していない土地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台南B級グルメを食す

台南の町で1泊したのだが、街並みが台北より一昔前の感じがする。 当然、店も個人商店が多く、いわゆる店舗と住居が一緒になったショップハウスである。 そんな中で、食い物というと1つの品目に特化したB級グルメの店が多い。 これはガイドブックにも載っている、再発号の海鮮八宝肉粽 名前からしてうまそうだが、確かに鮑、貝柱、玉子、サクラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more