テーマ:

モロッコとイブン・バットゥータ

モロッコという国には一度行きたいと思っていた。 かなり前、迷宮都市として有名なマラケシュやフェズを知ってからのことだ。 今回、その国に行こうとしていて、いろいろ調べていると、イブン・バットゥータという名前が出てきた。 世界史の教科書に、「大旅行記」の著者(実際は口述)であると書いてあった記憶がよみがえる。 30年かけて、モロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽い手荷物の旅 (トーベ・ヤンソン)

トーベの孤独な作家活動が綴られる。 そもそも文章を書くことは孤独なマラソンのような、あるいは自己療養手段だと、村上春樹も言っている。 冒頭の「往復書簡」という、誌のようなエッセイのような文章はまさしく作家トーベの孤独な作業を表している。 13歳の日本人少女との往復書簡の形をとってはいるが、トーベの返信は何処にも表れてこない。 少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more