テーマ:古代

諏訪大社上社 に参る (beret-expedition 2007 §2)

諏訪博物館の前は、諏訪大社上社の門前である。 博物館で仕入れた知識をもとに、さっそくお参りすることにする。 諏訪博物館から参道を入り、鳥居をくぐると 本殿入口への階段があるが、実はこれは登ってはいけない。 順路は左を指し示しており、 別の鳥居から伸びる回廊を通って、本殿の入口に向かう。 さて、入口の正面が本殿かと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

桃太郎と邪馬台国  吉備津神社と鬼城山を訪ねる

みんなが知っているおとぎ話から 日本古代史の謎にせまる、興味ある内容。 時間を忘れて読み終えた。 桃太郎は吉備(岡山)のキャラクターになっているが、 やはりそれなりの理由があったのだ。 桃太郎の従者が「犬、猿、雉」である意味も読み解く。 3年ほど前、吉備路に遊んだ折、 「吉備津神社」や温羅伝説のある「鬼城山」を訪れた。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

鞆の浦

鞆の浦は、ながらく訪れたいと願っていた街である。 鞆の歴史は古く、真偽のほどは置くとして、 神功皇后が朝鮮出兵の折に鞆に立ち寄ったという。 それを思わせるものとして、「渡守神社」の由来や 「皇后島」なる島も見受けられる。 少なくとも、古くから海上交易で栄えた街であることは 確かである。 宿舎は鞆の対岸にある「仙…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more