テーマ:

樽見の大桜「仙桜」を見に行く 大屋町樽見

樽見の大桜の話は、もう30年ほど前から聞いていた。 花の時期に、なかなか機会がなく、何年も過ぎてしまった。 今回を逃すと、もうたぶん行けないだろうと思い行くことにした。 桜の下で弁当を食べるのもいいと思い、昼に着くように出発する。 大屋川を遡る。 山の斜面に集落が展開する。 いい人文的景観(Landsch…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秒速5センチメートル(新海誠)を見る

正月コタツ映画として見る。 現実すぎてちょっと物足りないかな。 前作「雲の向こう、約束の場所」や 「ほしのこえ」のほうがファンタジックでいい。 しかし、 執拗な電車や空の描写は新海誠らしい。 鉄道オタクなんだろうか。 まあ、好きでもうまくいかないことがある。 しかし、主人公の遠野の落ち込み方は激しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲街道 新庄宿 を訪ねる

国道181号は旧出雲街道をほぼトレースしている。 いくつか側道があり古い町並みがあるのがわかる。 そのひとつが、新庄宿だ。 古い宿場の風情がそのまま残っている。 変に演出していないのがいい。 中国山地を越える四十曲峠のふもとの宿として栄えたのだろう。 さらに雰囲気を盛り上げるのは、「凱旋桜」と称する、桜の街路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四月は残酷きわまる月だ

桜が咲き始めた。 自然界だけでなく 人間界も、移動や入社などで 変化きわまる時期だ。 移動や入社、入学で希望を果たせた人たちは 桜咲く季節であるが そうでない人たちにとっては 残酷な季節である。 昔、友人の一人が「4月は残酷な季節だ」と言った。 中学生だった彼は早熟で多くの本を読んでいた。 そのフレーズが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more